サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
シャープ パワーサイクロン EC-CT12-C 商品画像

シャープ パワーサイクロン EC-CT12-C 商品画像

《タービンヘッド搭載の低価格サイクロンクリーナー》

「シャープ パワーサイクロン EC-CT12(SHARP POWER CYCLONE EC-CT12)」は、シャープが販売するキャニスタータイプのサイクロン掃除機です。「遠心分離」と「HEPAフィルター」でクリーン排気を実現。風の力でブラシを回転させるタービンヘッド搭載。

「シャープ パワーサイクロン EC-CT12」の実売価格は10,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報

「パワーサイクロン EC-CT12」は、「POWER CYCLONE(パワーサイクロン)」シリーズのタービンヘッド搭載モデルです。本体カラーは「ベージュ系(EC-CT12-C)」の1色のみ。本体の他に「すき間ノズル」「つぎ手パイプ」「クリーニングブラシ」が付属します。

自走パワーヘッド搭載モデル「シャープ パワーサイクロン EC-CP12」との違いは「重量」「ヘッド」「やさしさモード」「ボディカラー」です。

まず「重量」に関しては、ヘッドにモーターが内蔵されていないため、「EC-CP12」と比べて総重量が500グラム軽くなっています。しかし吸い込んだ空気の力でブラシを回す「タービンヘッド」なので、床面の状況によっては回転が止まることがあります。

この他に、フローリング・畳を拭き掃除できる「から拭き機能」、運転音を抑えて掃除できる「やさしさモード」を搭載。ヘッドを押しやすくする「自走パワーアシスト」機能、パワーを自動調節して節電する「エコ掃除」機能は省略されています。

本機のサイクロンシステムは、高速旋回気流でゴミと空気を分離する「遠心分離サイクロン」と微細なハウスダストをキャッチする「HEPAクリーンフィルター」が組み合わされた「ハイブリッドサイクロン」方式です。

この方式の欠点は、サイクロンの遠心分離性能が低いため、ダストカップのフィルターに取り残した微細なチリが付着してしまうことです。したがって定期的にフィルター清掃を行わないと吸引力が大幅に低下してしまいます。

お手入れの回数を減らすために、ツマミを回すだけでフィルターのゴミを落とせる「簡単フィルタークリーニング」機能が採用されています。また「ワンタッチ着脱カップ」はボタンを押すだけで取り外しできるので便利です。

評判・レビュー

長所

「EC-CT12」は、非常に安価なサイクロン式掃除機です。しかし遠心分離とHEPAクリーンフィルターを組み合わせたサイクロンシステムを搭載しており、掃除性能は充分だと思います。無名メーカーの「サイクロン風掃除機」より本機のほうが安心して使えるでしょう。

短所

「EC-CT12」のようなハイブリッド方式のサイクロン掃除機は、フィルターが目詰りすると吸引パワーが低下します。そのため定期的なお手入れが必ず必要になります。また風力でブラシを回すので、絨毯・カーペットではパワー不足に感じられるかもしれません。基本はフローリング向けのサイクロン掃除機と考えたほうが良いでしょう。

製品仕様

発売年月 2011年6月
メーカー シャープ
型番 EC-CT12-C(ベージュ系)
サイクロン方式 ハイブリッドサイクロン
ヘッド・ノズル タービンヘッド
本体寸法 幅25.7センチ*奥行き36.3センチ*高さ24.8センチ
本体質量 本体のみ:3.8キロ(付属品含む:5キロ)
吸込仕事率 450~約70W
消費電力 1,000~約240W
運転音 64~約57dB
集じん容積 0.35リットル
コードの長さ 5メートル

スポンサーリンク