サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
シャープ パワーサイクロン EC-CP12-N 商品画像

シャープ パワーサイクロン EC-CP12-N 商品画像

《低価格・高機能の自走式パワーヘッド搭載モデル》

「シャープ パワーサイクロン EC-CP12(SHARP POWER CYCLONE EC-CP12)」は、シャープが販売するキャニスター型サイクロン式掃除機です。内蔵モーターで駆動する「自走式パワーヘッド」と「HEPAクリーンフィルター」を採用。リーズナブルな価格が特長です。

「シャープ パワーサイクロン EC-CP12」の実売価格は22,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報

「シャープ パワーサイクロン EC-CP12」は、「POWER CYCLONE(パワーサイクロン)」シリーズのパワーヘッド搭載モデルです。

本体カラーは「シャンパンゴールド(EC-CP12-N)」の1色のみ。「ベンリブラシ」「すき間ノズル」「つぎ手パイプ」「クリーニングブラシ」の4点が付属します。

タービンヘッド搭載モデル「シャープ パワーサイクロン EC-CT12」との違いは「重量」「ヘッド(吸込口)」「自走パワーアシスト」「エコ掃除」「ボディカラー」です。

まず重量について、本体は「EC-CT12」と同じ3.8キロなのですが、ヘッド等の付属品を含むと500グラム重くなります。これは主に「モーター駆動パワーヘッド」を採用していることが原因です。

このヘッドには、ブラシの回転力を利用して押し進めやすくする「自走パワーアシスト」、ヘッド上部の吸気口から浮遊するハウスダストを吸い込める「ダニアウトダクト」、フローリング・畳の「から拭き機能」が備わっています。

さらに床面や掃除動作に合わせてパワーを自動調整する「エコ掃除」機能を搭載。ワンボタンで掃除機の電気代を節約できます。

サイクロンシステムは、ダストカップ内で大きなゴミと空気を遠心分離し、微細なチリはダストカップ上部に取り付けられた「HEPAクリーンフィルター」で除去する「ハイブリッドサイクロン」方式です。

このタイプのサイクロンシステムは、フィルターが目詰りすると吸引力が低下してしまう弱点があります。

吸引力を長持ちさせてお手入れの手間を減らす工夫として「簡単フィルタークリーニング」と名付けられた手動式のメンテナンス機能が採用されています。これは掃除後にツマミを回すだけでフィルターのチリを落とせる機能です。またボタンを押すだけでカップを着脱できる「ワンタッチ着脱カップ」も搭載しています。

製品仕様

発売年月 2011年6月
メーカー シャープ
型番 EC-CP12-N(ゴールド系・シャンパンゴールド)
サイクロン方式 ハイブリッドサイクロン
ヘッド・ノズル 自走式モーターヘッド(モーター駆動パワーヘッド)
本体寸法 幅25.7センチx奥行き36.3センチx高さ24.8センチ
本体質量 本体のみ:3.8キロ(付属品含む:5.5キロ)
吸込仕事率 450~約70W
消費電力 1,000~約240W
運転音 64~約57dB
集じん容積 0.35リットル
コードの長さ 5メートル

スポンサーリンク