サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
日立 2段ブーストサイクロン CV-SW200(R) 商品画像
《小型・軽量タイプの2段ブーストサイクロン掃除機》

「日立 2段ブーストサイクロン CV-SW200(HITACHI 2 Boost Cyclone CV-SW200)」は、コンパクトな日立製サイクロンクリーナーです。ヘッド・パイプにカーボン素材を採用、ホース・モーターも小型化されています。モーター駆動の自走式「ワイドごみハンターヘッド」を搭載。

後継機種は「日立 2段ブーストサイクロン CV-SY200」です(2013年8月発売)

日立 2段ブーストサイクロン CV-SW200(R) 商品画像

スポンサーリンク

製品情報

「2段ブーストサイクロン CV-SW200」は、コンパクトな「2段ブーストサイクロン」シリーズ(CV-SW200・CV-SW100)の上位機種です。傷付きにくく美しい「UVメタリックコーティング」のボディカラーは「ルビーレッド(R)」と「シャンパン(N)」の2色をラインナップしています。

下位モデル「CV-SW100」との違いは「吸込仕事率」「運転音」「ヘッド」「省エネ機能」「手元グリップ」「付属品」「本体カラー」です。

まず吸込仕事率については本機のほうが20W大きく、一方で運転音は約2dB小さくなっています。これはヘッドの違いが影響しており、幅約30センチの「ワイドごみハンターヘッド」で吸引効率を高めています。

また省エネ機能として、床に合わせて「強・中・弱」の3段階でパワー調節する「ecoこれっきり運転」、ヘッドの動きを止めると自動停止する「アイドリング&ストップ機能」を搭載。

この他に、左右に90度曲がる「クルッとヘッド」、8センチ以上のすき間に入る「ペタリンコ構造」、片手で長さを調節できる「サッとズームパイプ」等の機能を装備しています。手元グリップは、上面がストレートで押し引きしやすい「かるワザグリップ」です。

付属品は「ワイド曲が~るロング吸口」「クルッとブラシ」「サッとハンドル」「お手入れブラシ」「すき間用吸口」「すき間用吸口ホルダー」「アタッチメント」「ティッシュペーパー(ダストケース装着)1枚」となっています。

サイクロンシステムは、上位シリーズ(CV-SW7000CV-SW5000CV-SW3000)にも搭載される「2段ブーストサイクロン」の集塵部をコンパクトに設計し直したものとなります。

このシステムは、一応、旋回気流を発生させているものの、大部分のゴミはフィルターで取り除く「擬似サイクロン」方式です。したがって吸引力低下を予防するために定期的なフィルター清掃が必要です。

お手入れの手間を軽減するために、ボタンを押すだけでゴミ捨てできる「ごみダッシュ機構」、市販のティッシュペーパーをセットして目詰まりを軽減する機能、フィルターのチリを落とせる手動式の「フィルターお手入れ機構」を装備しています。

ケースの薄肉化設計により本体重量3.5キロを実現。従来機種の「CV-SU7000(5.1キロ)」より約30パーセント軽量化されています。また専用設計の高性能モーターに「小型ディフューザー(固定翼)」を搭載。コンパクト化と強力パワーを両立しています。ヘッド・パイプ、ホースにも「カーボンライト&スマートホース」と呼ばれる軽量設計を採用しています。

ちなみに本機をベースにした「日立 2段ブーストサイクロン CV-JS300 ジャパネットたかたモデル」という商品が存在します。

これはテレビショッピングで有名な「ジャパネットたかた」専用に開発されたサイクロン掃除機であり、主な違いは「本体カラー」「消費電力」「付属品」となっています。

日立 2段ブーストサイクロン CV-SW200(N) 商品画像

製品仕様

発売年月 2012年8月
メーカー 日立
型番 CV-SW200-R(ルビーレッド)
CV-SW200-N(シャンパン)
サイクロン方式 擬似サイクロン
ヘッド・ノズル 自走式モーターヘッド(ワイドごみハンターヘッド)
本体寸法 幅23センチx奥行き35.8センチx高さ27.5センチ
本体質量 本体のみ:3.5キロ(付属品含む:5.1キロ)
吸込仕事率 400~約50W
消費電力 950~約170W
運転音 60~約53dB
集じん容積 0.25リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク