サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
SHARP メーカー タイトル画像

SHARP メーカー タイトル画像

《重さ2.7キロで使いやすいコンパクトサイクロン》

「シャープ 遠心分離サイクロン EC-PX210」はシャープ製のキャニスター式サイクロン掃除機です。

全長33センチ、幅22センチ、重さ2.7キロのコンパクトボディが特長。HEPAクリーンフィルターとプラズマクラスターでクリーンな排気を実現。自走式パワーヘッドを搭載。

「シャープ 遠心分離サイクロン EC-PX210」の実売価格は20,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報


シャープ プラズマクラスター搭載 サイクロン掃除機 レッド EC-PX210-R

「遠心分離サイクロン EC-PX210」は、「シャープ株式会社(本社:大阪市阿倍野区)」が販売するサイクロンクリーナーです。本体の他に「ベンリブラシ」「すき間ブラシ」「クリーニングブラシ」が付属します。

2011年10月に発売された旧モデル「シャープ プラズマクラスターサイクロン EC-PX200」の後継機種でありサイズ・性能の変更はありません。違いは「フィルターお手入れサイン」「2WAYベンリヘッド」「本体カラー」となっています。

元々は掃除機本体に付いていた「フィルターお手入れサイン」がハンドルに移動して手元で見やすくなっています。また従来品に付属していた布製品用ブラシ「2WAYベンリヘッド」が省略されました。本体カラーは「レッド系(EC-PX210-R)」のみとなっています。

サイクロンシステムは、丸型カップ内でゴミと空気を遠心分離し、微細な塵はカップ上部のフィルターで取り除く「ハイブリッドサイクロン」方式を採用しています。

この方式は使い続けるとフィルターが目詰りして吸引力が落ちる弱点があります。しかしツマミを回すだけでフィルターのチリを落とせる「簡単フィルタークリーニング」機能を搭載することで、お手入れの手間を減らしています。

握りやすい形の「軽・らくフィットハンドル」は、手首が曲がらず水平に保持できるので余計な力がかからず疲れにくい構造です。ヘッドは軽く押すだけで前に進んでくれる「こまわり・すみジョーズ自走パワーアシスト」を採用。ヘッドの裏側に小型ローラーが付いており、上下左右に動かしやすくなっています。

気になる掃除機からの排気に関しては、高性能「HEPAクリーンフィルター」を搭載。さらに「高濃度プラズマクラスターイオン7000」発生装置により、掃除中にプラズマクラスターを放出してクリーンな排気を実現しています。

さらに電力消費を抑える「エコ技」として、吸込口が浮くと自動ストップする「節電アイドリングストップ」機能、床の種類・動作に合わせてパワーをコントロールする「エコ掃除」機能を搭載。これらの機能により消費電力を最大40パーセントもカットできるそうです。

ちなみに本機をベースにした派生モデル「シャープ 遠心分離サイクロン EC-VP1」が2014年4月に発売されています。

これは「プラズマクラスターイオン発生装置」と付属品の「ベンリブラシ」を省略。吸込仕事率、運転音など一部の仕様が異なる廉価モデルです。主に「Amazon.co.jp」などのネットショップで販売されています。

製品仕様

発売年月 2013年1月
メーカー シャープ
型番 EC-PX210-R(レッド系)
サイクロン方式 ハイブリッドサイクロン
ヘッド・ノズル 自走式モーターヘッド(モーター駆動パワーヘッド)
本体寸法 幅21.5センチx奥行き33.3センチx高さ23.9センチ
本体質量 本体のみ:2.7キロ(付属品含む:4.1キロ)
吸込仕事率 330~約70W
消費電力 850~約240W
運転音 62~約57dB
集じん容積 0.25リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク