サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
シャープ パラレルフローサイクロン EC-VX700-N ゴールド系 商品画像1

シャープ パラレルフローサイクロン EC-VX700-N ゴールド系 商品画像1

《2015年型パラレルフローサイクロンの上位モデル》

「シャープ パラレルフローサイクロン EC-VX700」は、シャープが販売するサイクロン掃除機です。静かに掃除できる「ナイトモード」、ゴミを圧縮する「強力ごみプレス」「フッ素加工ULPAクリーンフィルター」を搭載。布製品用の「2WAYベンリヘッド」が付属します。

「シャープ パラレルフローサイクロン EC-VX700」の実売価格は40,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報

「シャープ パラレルフローサイクロン EC-VX700」は「シャープ株式会社(本社: 大阪市阿倍野区)」が2015年8月に発売した「パラレルフローサイクロン」シリーズの上位モデルです。

新型の集じん方式「パラレルフローサイクロン」は従来品の「2段階遠心分離サイクロン」を進化させたもので、微細なハウスダストの分離性能が99.9パーセント以上に向上しています。

付属品は「2WAYベンリヘッド」「2段伸縮すき間ノズル」「ベンリブラシ」の3点です。

シャープ スクリュープレスサイクロン EC-VX600との違いを比較

2014年型となる「シャープ スクリュープレスサイクロン EC-VX600」との違いを比較してみましょう。

主な相違点は「サイズ」「重量」「集じん容積」「ヘッド」「吸込仕事率」「集じん方式」「ゴミ圧縮機能」「ナイトモード」「運転音」「付属品」です。

サイズに関してはデザインの変更に伴い、奥行きが伸びた代わりに幅と高さが小さくなりました。重量も本体質量は300グラム、付属品を含む標準質量も200グラム軽量化されています。

しかし小型化された影響により集じん容積は0.35リットルから0.25リットルに減少してしまいました。

ヘッドは旧モデルの「洗えるパワーヘッド」から「パワフル一毛打尽 自走ヘッド」に進化しています。これは幅が約28センチのモーター駆動式でありブラシの「自走機能」を備えています。また回転ブラシに「一毛打尽ブラシ」と呼ばれるコシが強く太いブラシを採用し毛足の長い絨毯に絡みついた毛を強力にかき取ります。

吸込仕事率は「210~約15W」となっており、従来品の「260~約45W」よりも低下しています。これは集じん方式が「パラレルフローサイクロン」に変更されたことが原因だと思われます。

従来品の「スクリュープレスサイクロン」は遠心分離とフィルターを併用するハイブリッドサイクロン方式でしたが、今回からダイソンと同様に1段目のサイクロンで大きなゴミを遠心分離、2段目となる8個の小型サイクロンで微細なゴミを分離する2段階方式となったので、ダストカップ上部のプリーツフィルターがなくなり吸引力が持続するようになりました。

ゴミの圧縮方法も、従来品は「スクリュープレスフィン」が掃除中に自動回転して都度ゴミを圧縮する方式でしたが、本機ではゴミ捨て時に押し固める「ごみプレス」に変更されています。

従来品には無かった機能として夜間の掃除に使用する「ナイトモード」があります。ナイトモードは手元操作部の「ナイト」ボタンを押すと、自動的にブラシの回転数とパワーを抑えて音が小さくなるという機能です。

しかし運転音については、従来品が「54~約49dB」だったのに対して、本機はナイトモードを利用しても「63~49dB」であり旧モデルより悪化しています。

付属品は「洗えるふとんパワーヘッド」が廃止された代わりに「2WAYベンリヘッド」が同梱されています。

シャープ パラレルフローサイクロン EC-LX700との違いを比較

下位モデル「シャープ パラレルフローサイクロン EC-LX700」との違いを比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「重量」「吸込仕事率」「消費電力」「ナイトモード」「運転音」「自走性能」「ゴミ圧縮機能」「内蔵フィルター」「付属品」となっています。

本体カラーは本機が「ゴールド系」、下位モデルは「レッド系」となります。重量は「本体質量」「標準質量」の両方とも下位モデルより約200グラム重くなっています。

吸込仕事率の最大値は同じですが最小値が「約15W」となっており下位モデルより低くなっています。同じく消費電力も最大値は同じですが最小値は「約150W」も小さくなっています。これは「ナイトモード」の採用が影響しています。

また運転音についてもナイトモードを使用することで下位機種より静かな「63~49dB」を実現しています。

ヘッドは2機種とも同じ「パワフル一毛打尽 自走ヘッド」ですが、本機のほうがパワーアシスト性能が高い「パワフル自走」なのでヘッドの自走力が強くなっています。

またゴミを圧縮する「強力ごみプレス」を搭載しており、ゴミを押し固めてゴミ捨て時に舞い立つことを予防します。

下位機種の内蔵フィルターは通常の「ULPAクリーンフィルター」です。しかし本機には「フッ素加工ULPAクリーンフィルター」が採用されており、0.3マイクロメートル以上のハウスダストを99.999パーセント以上キャッチできるとされています。またフィルターの汚れや目詰りが起こりにくくなっています。

付属品は「2WAYベンリヘッド」が本機だけに同梱されています。これはソファーやカーテンのような布製品に使用するアタッチメントで、ゴムのブレードが髪の毛やペットの毛をそぎ落とすように吸い込みます。

感想・評価

2015年モデルとなる「パラレルフローサイクロン」シリーズは、昨年発売の一部機種に採用された「2段遠心分離サイクロン」を進化させた製品です。

従来品の「スクリュープレスサイクロン」はダストカップ上部のプリーツフィルターが汚れると吸引力が低下するので、「センサー自動クリーンメカ」という自動清掃機能を搭載していました。

しかし今回のパラレルフローサイクロンはプリーツフィルター自体がなくなったので、お手入れはモーター保護用のフィルターのみで済むようになりました。頻度も約2年半に1回で問題ないそうです。

小型・軽量化も実現しており使いやすさに関しては確実に向上していますが、ナイトモードの採用にも関わらず運転音が少し悪化している点が気になるところです。

シャープ パラレルフローサイクロン EC-VX700-N ゴールド系 商品画像2

製品仕様

発売年月2015年8月
メーカーシャープ
型番EC-VX700-N(ゴールド系)
JANコード4974019855189
サイクロン方式フィルターレスサイクロン
ヘッド・ノズルパワフル一毛打尽 自走ヘッド(自走式モーターヘッド)
本体寸法幅21.5センチ*奥行き35センチ*高さ24.1センチ
本体質量本体のみ:3.1キロ(付属品含む:4.7キロ)
吸込仕事率210~約15W
消費電力850~約150W
運転音63~49dB(ナイトモード)
集じん容積0.25リットル
コードの長さ5メートル

スポンサーリンク