サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
日立 パワーブーストサイクロン CV-S100J(R) レッド 商品画像

日立 パワーブーストサイクロン CV-S100J(R) レッド 商品画像

《ジャパネットたかたのパワーブーストサイクロン限定モデル》

「日立 パワーブーストサイクロン CV-S100J ジャパネットたかたモデル」は、テレビ通販大手の「ジャパネットたかた」で購入できるサイクロン掃除機です。「日立 パワーブーストサイクロン CV-SA300」をベースに開発されており、ヘッド・延長管・グリップハンドルの仕様と付属品の一部が変更されています。

後継機種は「日立 パワーブーストサイクロン CV-S600J ジャパネットたかたモデル」です(2016年1月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「パワーブーストサイクロン CV-S100J ジャパネットたかたモデル」は、「日立アプライアンス株式会社(本社:東京都港区)」が、テレビショッピングで有名な「株式会社ジャパネットたかた(本社:長崎県佐世保市)」専用に開発した限定モデルです。

2013年11月に発売された「日立 2段ブーストサイクロン CV-JS300 ジャパネットたかたモデル」の後継機種。サイクロン機構が全面改良されており、大半のゴミをフィルターで除去していた「2段ブーストサイクロン」から、旋回気流による遠心分離とフィルターを併用する「パワーブーストサイクロン」に進化しています。

開発のベースとなった製品は「日立 パワーブーストサイクロン CV-SA300(2014年7月発売)」です。「ジャパネットオリジナル」とされる商品の多くは、1~2年前の旧モデルに機能や付属品を追加してお得感を演出しているのですが、こちらの商品は現行品をベースに開発されているのが特長です。

ベースモデルとの違い

日立 パワーブーストサイクロン CV-SA300」との主な違いは「本体カラー」「ヘッド」「延長管」「グリップハンドル」「付属品」となっています。

まず本体カラーですがベースモデルと同じ「レッド」「シャンパン」に加えて鮮やかな「ブルー」が追加されました。

ヘッドについては、ベースモデルと同じ「スマートヘッド D-AP41」を搭載しています。これは前後左右から吸引できる「4方向吸引スマートヘッド」となっています。さらにヘッドのカバーが本体と同じ色に変更され華やかな印象を演出しています。

延長管はデザインが異なるタイプを採用しており、左右にアタッチメントを差し込んで収納するフックが設置されています。ただし「CV-SA300」に付属していた「クルッとブラシ」省略されています。

クルッとブラシとは、延長管または手元操作部に取り付けるアタッチメントで、ヘッドを外すとブラシが出現し角度を自由に変えられる便利な付属品です。ちなみにクルッとブラシは税別2,000円で販売されているので、別売り品を購入すれば本機にも使用可能です。

グリップハンドルは、握りやすく腕への負担が抑えられた「かるワザグリップ」ではなく、下位モデルと同じ一般的な形状のグリップハンドルを採用しています。また高さを抑えて収納できる「コンパクト収納」で使用する「スタンドフック」が追加されています。

付属品は「ワイド曲が~るロング吸口(曲がるロング吸口+ワイドブラシ)」「ワイドふとんブラシ」「サッとハンドル」「お手入れブラシ」「すき間用吸口」「別売り部品接続用アタッチメント」の6点です。

前述したように「クルッとブラシ」は省略されていますが、その代わりジャパネットオリジナルモデルの特典として「ワイド曲がるロング吸口」「ワイドふとんブラシ」が追加されています。

「ワイド曲が~るロング吸口」は、延長管または手もと操作部にセットして使う便利なアタッチメントです。ワイドブラシは先端が細くなっており、ロング吸口は伸縮自在で角度も変えられるので、手が届きにくい家具の上やすき間などに向いています。

またワイドふとんブラシ「トリプルビーター」という部品のおかげで布が吸い付かず、布団・毛布などのダニ・ほこり・糸くずを吸い取れるアタッチメントです。曲がるロング吸口と同様に、パイプか手元操作部に取り付けて「弱」運転で使用します。また汚れたら水洗い可能です。

その他の機能・性能については、基本的にベースモデルの「日立 パワーブーストサイクロン CV-SA300」と同じです。

日立 パワーブーストサイクロン CV-S100J(A) ブルー 商品画像日立 パワーブーストサイクロン CV-S100J(N) シャンパン 商品画像

感想・評価

こちらの「日立 パワーブーストサイクロン CV-S100J ジャパネットたかたモデル」は、日立製の最新型サイクロン掃除機をベースに開発されています。

集じん方式は2014年型から採用された「パワーブーストサイクロン」であり、ティッシュを挟んでフィルターの汚れを抑えるような旧式ではありません。またヘッドも最新型の「4方向吸引スマートヘッド」となります。

下取りを利用するとベースモデルの「CV-SA300」とほとんど変わらない値段で購入できます。さらにベースモデルにはない付属品が2種類も同梱されているので、ジャパネットオリジナルモデルの中でもお買い得な商品と言えるでしょう。

製品仕様

発売年月 2014年11月
メーカー 日立
型番 CV-S100J(R) レッド
CV-S100J(A) ブルー
CV-S100J(N) シャンパン
サイクロン方式 パワーブーストサイクロン(ハイブリッドサイクロン)
ヘッド・ノズル 4方向吸引スマートヘッド(自走式モーターヘッド)
本体寸法 幅24センチ*奥行き33.6センチ*高さ29センチ
本体質量 本体のみ:約3.5キロ(付属品含む:約5.1キロ)
吸込仕事率 400~約50W
消費電力 950~約190W
運転音 56~約51dB
集じん容積 0.4L
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク