サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
日立 2段ブーストサイクロン CV-SW3000(R) 商品画像
《排気システムを簡略化したエントリーモデル》

「日立 2段ブーストサイクロン CV-SW3000(HITACHI 2 Boost Cyclone CV-SW3000)」は、日立が販売するキャニスター式サイクロン掃除機のエントリーモデル。排気システムをシンプルな構造に変更。一部の付属品を省略して価格を抑えています。モーター駆動の自走式「ワイドごみハンターヘッド」を搭載。

後継機種はありません(上位モデルの後継機種は「CV-SY7000」と「CV-SY5000」です)

日立 2段ブーストサイクロン CV-SW3000(R) 商品画像

スポンサーリンク

製品情報

「2段ブーストサイクロン CV-SW3000」は、同時発売された3機種(CV-SW7000CV-SW5000・CV-SW3000)のエントリーモデルです。スタンダードモデル「CV-SW5000」との違いは、「吸込仕事率」「運転音」「クリーン機能」「付属品」「本体カラー」となっています。ボディカラーは「レッド(CV-SW3000-R)」の1種類のみです。

まず「吸込仕事率」に関しては、本機のほうが10W低くなっています。反対に「運転音」は約4dB大きくなっています。これは「高気密集じん構造」の省略が原因だと思われます。

モーター部分を「高気密モーターケース」と「高集じんフィルター」で包み込む構造がなくなったため、排気効率が落ちて運転音も外に漏れやすいのでしょう。ハウスダストの捕集率も約99.9パーセントに下がっています(上位モデルは約99.999パーセント)。また延長パイプやグリップに取り付けられる「クルッとブラシ」が省略されています。

これ以外の機能・性能は上位機種「CV-SW5000」と変わりません。

サイクロンシステムは、上位2機種と同じ「2段ブーストサイクロン」を採用しています。これは、サイクロンボックスが「遠心分離室」と「ごみ圧縮室」の上下2段に分かれているのが特徴です。しかし遠心分離されるのは一部であり、大部分のゴミと空気は、そのままダストカップのフィルターに送られるため、実質的には「擬似サイクロン」に属する方式といえるでしょう。それゆえ吸引力低下を防ぐために、定期的にフィルター清掃をする必要があります。

電源コードを引くたびにフィルターを振動させてチリを落とす「フィルターお手入れ機構」、フィルター上に市販のティッシュペーパーを重ねてセットすると手入れを簡単にできる構造、丸ごと水洗いできるダストカップなど色々工夫されていますが、できればサイクロンの遠心分離力を高めて解決してほしい所です。

この他に「カーボンライト」と呼ばれる軽量設計のヘッド・パイプ、細く軽い「スマートホース」、モーター駆動で自走する「ワイドごみハンターヘッド」、菌まで拭き取れる「かるふきブラシ」、床質・操作力に合わせてパワーを調節する「ecoこれっきり」運転など、上位モデルと同じ便利機能を搭載しています。

「CV-SW3000」本体の他に、ワイド曲が~るロング吸口、サッとハンドル、お手入れブラシ、すき間用吸口、すき間用吸口ホルダー、アタッチメント、ティッシュペーパー(ダストケース装着)1枚が付属します。

製品仕様

発売年月 2012年7月
メーカー 日立
型番 CV-SW3000-R(レッド)
サイクロン方式 擬似サイクロン
ヘッド・ノズル 自走式モーターヘッド(ワイドごみハンターヘッド)
本体寸法 幅26.8センチx奥行き40.5センチx高さ31.3センチ
本体質量 本体のみ:4.8キロ(付属品含む:6.4キロ)
吸込仕事率 460~約50W
消費電力 1,000~約200W
運転音 59~約54dB
集じん容積 0.4リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク