サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
日立 パワーブーストサイクロン CV-SD900-R ルビーレッド 商品画像1

日立 パワーブーストサイクロン CV-SD900-R ルビーレッド 商品画像1

《電動ふとん吸口が付属の2016年型パワーブーストサイクロン》

「日立 パワーブーストサイクロン CV-SD900」は日立が販売するサイクロン掃除機です。2016年型「パワーブーストサイクロン」シリーズの最上位機種。基本性能は上位機種「CV-SD700」と同じですが、布団掃除専用のアタッチメント「電動ふとん吸口」が付属します。

「日立 パワーブーストサイクロン CV-SD900」の実売価格は50,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報

「日立 パワーブーストサイクロン CV-SD900」は「日立アプライアンス株式会社(本社:東京都港区)」が販売するキャニスター型のサイクロン掃除機です。

2016年型「Power Boost Cyclone(パワーブーストサイクロン)」シリーズの最上位機種。最初から「電動ふとん吸口」が付属しており布団掃除に対応しています。

本体カラーは「ルビーレッド(R)」「シャンパンゴールド(N)」の2種類です。付属品は「電動ふとん吸口、曲がるロング吸口、ワイドブラシ、パッとブラシ、すき間用吸口、サッとハンドル、お手入れブラシ、アタッチメント」の8点です。

日立 パワーブーストサイクロン CV-SD700との違いを比較

2016年型の上位機種「日立 パワーブーストサイクロン CV-SD700」と「CV-SD900」を比較してみましょう。

2機種の違いは「本体カラー」「付属品」のみであり機能・性能は共通です。

本体カラー

「CV-SD700」の本体カラーは「ルビーレッド(R)」の1種類のみです。また延長管とダストケースの配色も異なっています。

付属品

付属品もほとんど同じですが「CV-SD700」には「電動ふとん吸口」がありません。

電動ふとん吸口 G-DF5について

「電動ふとん吸口 G-DF5」は名前のとおり布団掃除専用のアタッチメントです。

「電動ビーター」と呼ばれる叩き部が布団を振動させてホコリやダニのふん・死がいを浮かせて吸い込みます。

電動ふとん吸口の効果は実験によると、布団の表面にコナヒョウダニを散布して30分間放置し強運転で3分間吸引した結果、99%以上が除去されていたそうです。

ちなみに「電動ふとん吸口 G-DF5」は別売りされており、実売価格は8,000円前後です。

日立 パワーブーストサイクロン CV-SD900-R ルビーレッド 商品画像2

日立 パワーブーストサイクロン CV-SD300との違いを比較

2016年型の中位機種「日立 パワーブーストサイクロン CV-SD300」と「CV-SD900」を比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「吸込仕事率」「運転音」「フィルター」「捕集率」「付属品」となります。

本体カラー

「CV-SD300」の本体カラーは「シャンパンゴールド(N)」の1種類のみです。また「CV-SD900」のように延長管と車輪が塗装されておらず黒い樹脂のままとなっています。

吸込仕事率

「CV-SD300」の吸込仕事率は410W~約60Wなので「CV-SD900」より最大値が20W小さいことになります。

運転音

「CV-SD300」の運転音は57~約52dBとされていて、「CV-SD900」の54~約49dBに比べると音が大きくうるさいようです。原因は定かではありませんが内部の吸音材が簡略化されているのかもしれません。

フィルター

「CV-SD300」のフィルターは「クリーンフィルター、抗菌フィルター、一般フィルター」の3種類です。「CV-SD900」のフィルターは「クリーンフィルター、アレルオフフィルター(抗菌加工)、高集じんフィルター、一般フィルター」の4種類です。

捕集率

フィルターが簡略化されていることから「CV-SD300」の捕集率は99.9%となっており捕集率99.999%の「CV-SD900」と比べると排気性能は劣ります。

付属品

「CV-SD300」の付属品は「パッとブラシ、すき間用吸口、サッとハンドル、お手入れブラシ、アタッチメント」の5点です。「CV-SD900」に付属する「電動ふとん吸口、曲がるロング吸口、ワイドブラシ」は省略されています。

日立 パワーブーストサイクロン CV-SD900-N シャンパンゴールド 商品画像1

日立 パワーブーストサイクロン CV-SD200との違いを比較

2016年型の下位機種「日立 パワーブーストサイクロン CV-SD200」と「CV-SD900」を比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「ヘッド」「ホース」「グリップ」「吸込仕事率」「運転音」「フィルター」「捕集率」「省エネ機能」「付属品」となります。

本体カラー

「CV-SD200」の本体カラーは「フレッシュピンク(P)」の1種類のみです。またカラーリングされているのは本体のみで「ヘッド・延長管・グリップ・本体ハンドル・車輪」はシルバーか黒い樹脂のままとなっています。

ヘッド

「CV-SD200」のヘッドは幅26cmの「ごみハンターヘッド」です。残念ながら「CV-SD900」の「ジェット吸引スマートヘッド」が装備する「ジェット吸引機構」「4方向吸引機構」はありません。

またヘッドの「パワフル自走機能」も省略されています。さらにジェット吸引スマートヘッドが搭載する「きわぴた構造」は「きわぴたスイングシャッター」に変更されています。

ホース・グリップ

「CV-SD900」のホースは「カーボンライト」と呼ばれるカーボン繊維強化プラスチック製なのですが「CV-SD200」のホースは通常のPVC製です。またグリップも握りやすい「かるワザグリップ」ではなく下位機種と同タイプの簡略形になります。

吸込仕事率

「CV-SD200」の吸込仕事率は400W~約60Wです。「CV-SD900」の440W~約60Wに比べると最大値が40Wも小さくなっています。

運転音

「CV-SD200」の運転音は57~約52dBであり「CV-SD900」の54~約49dBよりも3デシベルうるさいことになります。

フィルター

「CV-SD200」のフィルターは「クリーンフィルター、抗菌フィルター、一般フィルター」の3種類で「CV-SD900」の4種類に比べると簡略化されています。

捕集率

「CV-SD200」の捕集率は99.9%とされています。「CV-SD900」の捕集率は99.999%なので約0.1%程度のホコリを取り逃す可能性があります。

省エネ機能

「CV-SD200」の省エネ機能は吸引力とブラシの回転力を自動調節して節電する「ecoこれっきり運転」となります。

しかしパワーの切替が「中・弱」の2段階となっており、「CV-SD900」の「強・中・弱」と比べて細かい調節ができないため省エネ能力が劣っています。

また「CV-SD900」が搭載する「アイドリング&ストップ機能」は省略されています。

付属品

「CV-SD200」の付属品は「すき間用吸口、サッとハンドル、お手入れブラシ、アタッチメント」の4点です。「CV-SD900」に付属する「電動ふとん吸口、曲がるロング吸口、ワイドブラシ、パッとブラシ」は省略されています。

日立 パワーブーストサイクロン CV-SD900-N シャンパンゴールド 商品画像2

日立 パワーブーストサイクロン CV-SC700との違いを比較

2015年型の上位機種「日立 パワーブーストサイクロン CV-SC700」と「CV-SD900」を比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「重量」「きわぴたスイングシャッター」「サッと収納」「ダストケース」「吸込仕事率」「運転音」「付属品」となります。

本体カラー

「CV-SC700」の本体カラーは「ディープレッド(R)」「ディープシャンパン(N)」の2種類です。その名の通り「CV-SD900」に比べると色が暗く濃い目に感じられます。

重量

「CV-SC700」の重量は本体質量3.6kg、標準質量5.2kgです。したがって「CV-SD900」より100グラム重いことになります。これは「CV-SD900」のモーターとサイクロン機構の軽量化が影響しているそうです。

きわぴたスイングシャッター

「CV-SC700」のヘッドには「きわぴたスイングシャッター」という機能があります。

これは日立製の掃除機がかなり前から採用している機能でヘッドの前部にプラスチック製のシャッターが付いています。ヘッドを動かすとシャッターが前後に動いてゴミをかきとる仕組みです。

一方「CV-SD900」は「きわぴた構造」という新機能を搭載しています。これはヘッドの前面を壁につけた時にヘッドの上から下に空気が流れてゴミを吸い取る構造で「きわぴたスイングシャッター」よりも密着性が高くゴミを取りやすくなっています。

サッと収納

「CV-SC700」には「サッと収納」と呼ばれる収納方法があります。これは手元操作部を外してパイプに引っ掛けて収納できる方式です。

しかし使用頻度が少なかったのか「CV-SD900」ではサッと収納が廃止されています。

ダストケース

「CV-SC700」のダストケースはフィルターカバーを開ける時にボタンを押しながら右にスライドさせてロックを解除する必要がありました。しかし「CV-SD900」はボタンを押すだけで開くように改良されています。

また「CV-SC700」の内筒フィルターをお手入れする場合、内筒キャップが装着された状態で取り外す必要があったので細部の掃除に手間がかかりました。しかし「CV-SD900」は内筒フィルターを引き抜くだけで全体の掃除ができるようになっています。

吸込仕事率

「CV-SC700」の吸込仕事率は430W~約60Wであり最大値が「CV-SD900」より10W小さくなっています。

運転音

「CV-SC700」の運転音は55~約50dBです。一方で「CV-SD900」はヘッド・サイクロンの低騒音化設計により運転音が54~約49dBに改良されています。

付属品

「CV-SC700」の付属品は「曲がるロング吸口、ワイドブラシ、クルッとブラシ、サッとハンドル、お手入れブラシ、すき間用吸口、アタッチメント」の7点です。

さらに「CV-SD900」にはふとん掃除用の「電動ふとん吸口」がセットになっています。また「クルッとブラシ」が新型の「パッとブラシ」に変更されました。

感想・評価

こちらの「日立 パワーブーストサイクロン CV-SD900」は2015年型パワーブーストサイクロンのマイナーチェンジ品です。

旧モデルの上位機種「CV-SC700」との主な違いは「重量・吸込仕事率・運転音・電動ふとん吸口」で他は細かい改良だけとなっています。

おそらく普通に使っているだけでは気付かない程度の変化なので、少しでも安く買いたいのであれば2015年型の「CV-SC700」を選んでも良いでしょう。

ただし「CV-SD900」には最初から「電動ふとん吸口 G-DF5」がセットになっています。別売り品を後から購入すると高く付くので、布団掃除をしたいのであれば「CV-SD900」のほうがお得だと思います。

製品仕様

発売年月2016年7月
メーカー日立
型番CV-SD900-R(ルビーレッド)
CV-SD900-N(シャンパンゴールド)
JANコード4902530132502(ルビーレッド)
4902530132526(シャンパンゴールド)
サイクロン方式パワーブーストサイクロン(ハイブリッドサイクロン)
ヘッド・ノズルジェット吸引スマートヘッド(自走式モーターヘッド)
本体寸法長さ336*幅240*高さ290mm
本体質量本体質量:3.5kg
標準質量:5.1kg(本体・ホース・パイプ・ヘッドの合計質量)
吸込仕事率440W~約60W
消費電力960W~約190W
運転音54~約49dB
集じん容積0.4L
コードの長さ5m
付属品電動ふとん吸口、曲がるロング吸口、ワイドブラシ、パッとブラシ、すき間用吸口、サッとハンドル、お手入れブラシ、アタッチメント

スポンサーリンク