サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
日立 2段ブーストサイクロン CV-SW5000(W) 商品画像
《フィルタークリーニング機能が異なる中位機種》

「日立 2段ブーストサイクロン CV-SW5000(HITACHI 2 Boost Cyclone CV-SW5000)」は、日立が販売するサイクロン式掃除機のスタンダードモデルです。3重フィルターによるクリーン排気、コード巻取り機能と連動する機械式「フィルターお手入れ機構」が特徴。モーター駆動の自走式「ワイドごみハンターヘッド」を搭載しています。

後継機種は「日立 2段ブーストサイクロン CV-SY5000」です(2013年7月発売)

日立 2段ブーストサイクロン CV-SW5000(W) 商品画像

スポンサーリンク

製品情報

「2段ブーストサイクロン CV-SW5000」は、同じデザインの3機種(CV-SW7000・CV-SW5000・CV-SW3000)のミドルレンジモデルです。ハイエンドモデル「CV-SW7000」との違いは「重量」「運転音」「フィルターお手入れ機構」「上方排気」「本体カラー」となっています。本体の塗装部分は傷付きにくい「UVコーティング」。カラーは「ホワイト(CV-SW5000-W)」と「レッド(CV-SW5000-R)」の2色が用意されています。

まず重量が約100グラム軽くなっています。これはフィルターお手入れ機構が、電源コードを引くと振動する「機械式」になったことが理由と思われます。また運転音が「CV-SW7000」より約2dB大きくなっています。さらに分散機能が省略された上方排気を搭載しています。

サイクロンシステム・排気フィルター・ヘッドなどの性能は、上位機種「CV-SW7000」と同じです。

サイクロンシステムは、吸引したゴミの大部分をフィルターで除去する「擬似サイクロン」方式です。ダストケースを「サイクロン室」と「ごみプレス室」の2段階構造にした「2段ブーストサイクロン」を搭載。1段目でゴミを遠心分離、2段目でゴミを圧縮するとされていますが、遠心分離したゴミは結局フィルターでろ過する仕組みのため、ダイソンのように遠心分離のみでゴミと空気を分離する「フィルターレスサイクロン」とは全くの別物です。

「高気密モーターケース」と「高集じんフィルター」の組み合わせによる「高気密集じん構造」を採用。3重構造のフィルターで、アレル物質(花粉など)やハウスダストを99.999パーセント除去します。

内蔵モーターで自走する「ワイドごみハンターヘッド」は、幅30センチのワイド型です。ブラシに拭き掃除専用の毛を配合してあるので、フローリングの菌まで拭き取り可能です。また汚れた回転ブラシはワンタッチ着脱で水洗いできます。操作性についても「軽くひねるだけで左右90度に曲がる」「ヘッドが浮かないので高さ8センチまでのすき間に入る」「ヘッドを踏んでレバーを引くだけでパイプの長さを変更可能」など、使いやすさが追求されています。

省エネ機能として、床質・操作力に合わせてパワーを3段階で自動調節する「ecoこれっきり」運転、ヘッドの動きが止まると自動停止する「アイドリング&ストップ機能」を装備しています。これにより消費電力を最大75パーセント節電できるそうです。

手元グリップは滑らず押し引きしやすい「かるワザグリップ」、ヘッドとパイプは、カーボン繊維強化プラスチックで軽量化を実現した「カーボンライト」構造、ホースも、内径を小さくして滑りやすい素材を使用した「スマートホース」が採用されています。

「CV-SW5000」本体の他に、ワイド曲が~るロング吸口、クルッとブラシ、サッとハンドル、お手入れブラシ、すき間用吸口、すき間用吸口ホルダー、アタッチメント、ティッシュペーパー(ダストケース装着)1枚が付属します。

日立 2段ブーストサイクロン CV-SW5000(R) 商品画像

製品仕様

発売年月 2012年7月
メーカー 日立
型番 CV-SW5000-W(ホワイト)
CV-SW5000-R(レッド)
サイクロン方式 擬似サイクロン
ヘッド・ノズル 自走式モーターヘッド(ワイドごみハンターヘッド)
本体寸法 幅26.8センチx奥行き40.5センチx高さ31.3センチ
本体質量 本体のみ:4.8キロ(付属品含む:6.4キロ)
吸込仕事率 470~約50W
消費電力 1,000~約200W
運転音 55~約50dB
集じん容積 0.4リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク