サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
東芝 トルネオV VC-SG513(R) 商品画像

東芝 トルネオV VC-SG513(R) 商品画像

《2013年型トルネオVシリーズのハイグレードモデル》

「東芝 トルネオV VC-SG513(TOSHIBA TORNEO V VC-SG513)」は、サイクロン掃除機「トルネオV」の2013年型ハイグレードモデルです。12気筒で遠心分離を行う「バーティカルトルネードシステム」を搭載。ゴミを検知する「ゴミ残しまセンサー」、省エネ機能「ecoモード」、自走機能を持つ「自走式イオンカーボンヘッド」を採用しています。

後継機種は「東芝 トルネオV VC-SG514」です(2014年9月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「トルネオV VC-SG513」は、2013年型「TORNEO V(トルネオ ヴイ)」シリーズ(VC-SG513・VC-SG413)のハイグレードモデルです。

ボディカラーは「グランレッド」と「ターコイズブルー」の2色。付属品は「伸縮ロングノズル」「付属品用ホース」「ロングブラシ」「ふとん用ブラシ」「洋服布用ブラシ」「応用付属品収納バッグ」「すき間ノズル」「お手入れブラシ」の8点となっています。

東芝 トルネオV VC-SG513(L) 商品画像

東芝 トルネオV VC-SG512との違いを比較

2012年9月に発売された「東芝 トルネオV VC-SG512」と「VC-SG513」の違いを比較してみましょう。

「VC-SG513」と「VC-SG512」の主な違いは「重量」「サイクロン部の水洗い対応」「本体カラー」です。

「標準質量(本体・ホース・延長管・床用ヘッドの合計質量)」は「VC-SG513」のほうが「VC-SG512」より100グラム重くなっています。

これはおそらくサイクロン部が丸ごと水洗い可能になったことが影響しています。「VC-SG512」は「バーティカルトルネードシステム」のダストカップ部分のみが水洗いできましたが「VC-SG513」は12気筒の小型サイクロンも水洗い可能になりました。

本体カラーは「VC-SG512」が「グランレッド」と「ピンクゴールド」でしたが「VC-SG513」では「グランレッド」と「ターコイズブルー」に変更されています。


東芝 サイクロンクリーナー トルネオV グランレッド VC-SG512(R)

東芝 トルネオV VC-SG413との違いを比較

下位モデル「東芝 トルネオV VC-SG413」との違いを比較してみましょう。

主な違いは「付属品」と「本体カラー」です。機能・性能については両機種とも同じとなっています。

ヘッドは「自走式イオンカーボンヘッド」です。軽く丈夫なカーボン素材が使われており、高さ6.5センチ以上のすき間に入る「床ピタ設計」を採用しています。

モーター駆動方式の回転ブラシには、マイナスイオンを発生させて静電気を抑える「マイナスイオンプレート」を内蔵。床の菌まで拭き取る「拭き上げ効果」を得られます。また底面の小型ローラーが回転して前進をサポートする「自走機能」を備えています。

サイクロンシステムは、ゴミと空気を99.9パーセント遠心分離する「バーティカルトルネードシステム」です。

上下2段構造となっており、下段のダストカップ部分で大きめのゴミを旋回気流で分離しながら圧縮します。微細なチリを上段に配置された12気筒のサイクロンで遠心分離。きれいになった空気のみを排出する仕組みです。

ダイソンと同様の「フィルターレスサイクロン」なので、お手入れも簡単です。汚れが気になったときは、サイクロン部を分解して丸ごと水洗い可能です。さらにモーターを保護する「排気清浄フィルター」も引き出して取り外せます。

省エネ機能はボタンひとつで消費電力を抑える「ecoモード」を搭載しています。

これはヘッドが浮くと6秒後に自動停止する「節電アイドリング機能」、ゴミの量に合わせてパワーを自動調節する「ゴミ残しまセンサー」、床の種類に合わせて最適なパワーを選ぶ「床面識別機能」が自動で働き、消費電力量を最大約52パーセント削減できる機能です。

また「ゴミ残しまセンサー」は、手元のランプでゴミの有無を確認しながら掃除できるので、微細なハウスダストや見えにくい場所もきれいになります。

さらに「VC-SG513」には7点の便利なアタッチメントが付属しています。また付属品の収納用に「専用バッグ」も用意されています。


東芝 TORNEO V サイクロンクリーナー メタリックピンク VC-SG413(P)

製品仕様

発売年月 2013年9月
メーカー 東芝
型番 VC-SG513(R) グランレッド
VC-SG513(L) ターコイズブルー
サイクロン方式 フィルターレスサイクロン
ヘッド・ノズル 自走式イオンカーボンヘッド(自走式モーターヘッド)
本体寸法 幅22センチ*奥行き32.2センチ*高さ26.7センチ
本体質量 本体のみ: 3.3キロ(付属品含む: 4.8キロ)
吸込仕事率 200W~約50W
消費電力 850W~約300W
運転音 64dB~約58dB
集じん容積 0.4リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク