サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
東芝 トルネオV VC-SG514(R) グランレッド 商品画像1

東芝 トルネオV VC-SG514(R) グランレッド 商品画像1東芝 トルネオV VC-SG514(R) グランレッド 商品画像2

《2014年型トルネオVシリーズのプレミアムモデル》

「東芝 トルネオV VC-SG514」は、サイクロン掃除機「トルネオV」シリーズの最上位機種です。モーター駆動方式の「自走式イオンファイバーヘッド」、LEDライト付きの「ワイドピカッとブラシ」を搭載。8種類の便利な「アタッチメントセット」が付属します。

後継機種は「東芝 トルネオV VC-MG900」です(2015年8月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「トルネオV VC-SG514」は2014年型「TORNEO V(トルネオ ヴイ)」シリーズ(VC-SG514・VC-SG414・VC-SG314・VC-S214)のプレミアムモデルです。

重量以外のスペックはほぼ2013年モデルと同じであり、軽量化と機能を追加したマイナーチェンジ品と言えます。

東芝 トルネオV VC-SG514(W) グランホワイト 商品画像1東芝 トルネオV VC-SG514(W) グランホワイト 商品画像2

東芝 トルネオV VC-SG513との違いを比較

2013年モデル「東芝 トルネオV VC-SG513」との違いを比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「モーター」「重量」「ヘッド」「延長管」「ホース」「LEDライト」「グリップ」です。

本体カラー

まず本体カラーですが、従来品は「グランレッド」と「ターコイズブルー」だったのに対して、2014年モデルは「グランレッド」「グランホワイト」「グランブルー」の3色を用意しています。

モーター・重量

モーターは軽量高効率の「エクストラパワーモーター」を搭載しています。従来品と同じパワーを持ちながら約100グラムの軽量化を実現しており「本体質量」が従来品の3.3キロから3.2キロに軽くなっています。

ヘッド

ヘッドは新開発の「イオンファイバーヘッド」です。モーター駆動方式の「回転ブラシ」、軽く押すだけで前進する「自走機能」を備えています。また軽量で耐久性の高い「グラスファイバー素材」を採用。「自走モーター」の小型化、部品の軽量化により、従来品より75グラム軽くなっています。

延長管

グラスファイバー素材は延長管(パイプ)にも使われており、素材の強度が増したことで直径26ミリと従来品より3.5ミリ細くすることが可能になりました。

ホース

同様にホースの直径も従来品より2ミリ細い38ミリに新規設計され、ヘッド・延長管・クリップ・ホースの合計質量を100グラム軽くしています。

LEDライト

また延長管の先端にLEDライトを搭載した「ワイドピカッとブラシ」を新採用。従来品より照射角度が広くなり、家具の下やすき間の暗がりも明るく照らして掃除できます。

グリップ

グリップは「らくわざフリーグリップ」と呼ばれる新型タイプで、カーブに丸みを持たせたデザインは人間工学に基づいた設計によるものだそうです。

集じん方式

集じん方式は従来品と同じ「バーティカルトルネードシステム」です。これは「ダストカップ(1段目)」で大きなゴミを遠心分離しながら圧縮。12気筒の「小型サイクロン(2段目)」で小さなゴミを遠心分離する多段式となります。

ダイソンがパイオニアとなる多段式サイクロンは、遠心分離とフィルターを併用する「ハイブリッドサイクロン」方式と異なり、ダストカップ内に筒型フィルターを内蔵しないことから「フィルターレスサイクロン」方式と呼ばれています。

東芝 トルネオV VC-SG414との違いを比較

下位モデル「東芝 トルネオV VC-SG414」との違いを比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「付属品」です。それ以外は2機種とも同じ仕様となっています。

本体カラー

まず本体カラーについては本機が「(R)グランレッド」「(L)グランブルー」「(W)グランホワイト」の3色なのに対して、下位モデルは「(L)ターコイズブルー」の1色のみとなっています。

付属品

次に付属品ですが、本機には「アタッチメントセット」と呼ばれる8種類のアクセサリーが同梱されています。

具体的には、エアコンの室内機や棚の上、カーテンのサッシなど高い場所を掃除できる「伸縮ロングノズル」、伸縮して便利な「付属品用ホース」、すき間の掃除に使用する「ロングブラシ」、布団などホコリを吸い取る「ふとん用ブラシ」、布製品の汚れに使う「洋服布用ブラシ」、「すき間ノズル」、アタッチメントを収納する「応用付属品収納バッグ」となります。

感想・評価

こちらの「トルネオV VC-SG514」は基本的に2013年モデルのマイナーチェンジ品と言えます。しかし各部が軽量化されたので使いやすさは確実に向上しています。

最大の注目ポイントは「ワイドピカッとブラシ(LEDライト)」の採用です。これは従来品の「VC-SG513」にはなかった機能であり狭い場所の掃除に大変便利だと思います。

部屋の隅々まで掃除したい人におすすめできるサイクロン掃除機だと言えるでしょう。

東芝 トルネオV VC-SG514(L) グランブルー 商品画像1東芝 トルネオV VC-SG514(L) グランブルー 商品画像2

製品仕様

発売年月 2014年9月
メーカー 東芝
型番 VC-SG514(R) グランレッド
VC-SG514(W) グランホワイト
VC-SG514(L) グランブルー
サイクロン方式 バーティカルトルネードシステム(フィルターレスサイクロン)
ヘッド・ノズル 自走式イオンファイバーヘッド(自走式モーターヘッド)
本体寸法 幅22センチ*奥行き32.2センチ*高さ26.7センチ
本体質量 本体のみ: 3.2キロ(付属品含む: 4.6キロ)
吸込仕事率 200W~約50W
消費電力 850W~約300W
運転音 64dB~約58dB
集じん容積 0.4リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク