サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
TOSHIBA メーカー タイトル画像

TOSHIBA メーカー タイトル画像

《ダニトルピーが付属する2016年型トルネオVの下位機種》

「東芝 トルネオV VC-MG710」は東芝が販売するサイクロン掃除機です。

2016年型「トルネオV」シリーズの下位機種。基本性能は上位機種「VC-MG910」と同じですが「電動ふとんブラシ」の代わりに機械式の「ふとん用ブラシ ダニトルピー」が付属します。

「東芝 トルネオV VC-MG710」の実売価格は46,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報


東芝 【自走式ブラシ搭載】 サイクロン式掃除機 「トルネオV」 VC-MG710-P ライトピンク

「東芝 トルネオV VC-MG710」は「東芝ライフスタイル株式会社(本社:神奈川県川崎市)」が、販売するキャニスター型のサイクロン掃除機です。

2016年型「TORNEO V(トルネオ ヴイ)」シリーズの下位機種。「電動ふとんブラシ、ロングアタッチメントセット」の代わりに機械式の「ふとんブラシ」をセットにして価格を抑えています。

本体カラーは「ライトピンク(P)」です。付属品は「ふとん用ブラシ、すき間ノズル、お手入れブラシ」の3点です。

VC-MG710のおすすめポイント(長所・メリット)

  • フッ素加工ブラシを採用(汚れが付きにくい)
  • 菌の拭き取り性能アップ(98%→99%)

VC-MG710の欠点・注意点(短所・デメリット)

  • 2015年型とあまり違いがない(ほぼ同じ仕様)
  • 電動ふとんブラシ非対応

東芝 トルネオV VC-MG910との違いを比較

上位機種「東芝 トルネオV VC-MG910」と「VC-MG710」を比較してみましょう。

基本的な機能・性能は共通であり仕様に違いはありません。異なるのは「本体カラー」「ふとんモード」「付属品」だけとなっています。

本体カラー

ボディカラーは「VC-MG710」が「ライトピンク(P)」の1色のみ。「VC-MG910」は「グランレッド(R)」「グランブロンズ(N)」の2色です。

ふとんモード

「VC-MG910」には電動ふとんブラシを使うための「ふとんモード」が設定されています。これは寝具が吸い付かないように吸引力を弱めるモードです。一方で「VC-MG710」は電動ふとんブラシに非対応なので「ふとんモード」もありません。

付属品

付属品は「VC-MG710」が「ふとんブラシ、すき間ノズル、お手入れブラシ」の3点。「VC-MG910」は「電動ふとんブラシ、ロングアタッチメントセット、すき間ノズル、お手入れブラシ」の4点。です。

ふとんブラシと電動ふとんブラシの違い

「VC-MG710」には「ふとん用ブラシ」、「VC-MG910」には「電動ふとんブラシ(パワービーターヘッド)」が付属します。それぞれ具体的にどこが違うのか比較してみましょう。

「VC-MG710」の「ふとん用ブラシ」は「ふとん用ブラシ ダニトルピー VJ-B4」という名前で別売りされている商品と同じものです(ダニトルピーの価格は税別6,000円です)

ダニトルピーは両側の車輪が1回転すると中の「たたき棒」に付いている「たたき玉」が布団の表面を叩く構造です。

電動式ではなく機械式なので「電動ふとんブラシ」のようにスイッチオンで振動するわけではなく、ダニトルピーを前後に転がさないと布団の表面を叩けません。

また「電動ふとんブラシ」は羽毛布団のようなデリケートな寝具のためにたたき部を一時停止させられますが、ダニトルピーにはそのような機能がありません。

ちなみに電動ふとんブラシは「VC-MG910」専用のアタッチメントなので「VC-MG710」や他の東芝製クリーナーでは使用できません。

東芝 トルネオV VC-S500との違いを比較

下位機種「東芝 トルネオV VC-S500」と「VC-MG710」を比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「本体サイズ」「重量」「ヘッド」「集じん方式」「フィルター」「排気性能」「グリップ」「タイヤ」「ワイドピカッとブラシ」「ゴミ残しまセンサー」「省エネ機能」「付属品」となっています。

本体カラー

本体カラーは「VC-MG710」が「ライトピンク(P)」、「VC-S500」は「シルキーバイオレット(V)」です。

本体サイズ

本体サイズは「VC-MG710」が幅220*奥行322*高さ276mm、「VC-S500」は幅220*奥行322*高さ267mmなので「VC-MG710」のほうが高さが9ミリ大きいことになります。

重量・ヘッド

重量は「VC-MG710」の標準質量が4.6kg、「VC-S500」は4.7kgなので「VC-MG710」のほうが100グラム軽くなっています。

これはヘッドの違いが影響しており「VC-MG710」は「イオンファイバーヘッド」、「VC-S500」は「カーボンヘッド」を装備しています。

どちらのヘッドもモーター駆動の自走式ですが、「VC-MG710」のイオンファイバーヘッドはブラシ回転時にマイナスイオンを発生させて静電気を抑える「マイナスイオンプレート」を搭載しています。

さらにイオンファイバーヘッドはフッ素加工が施された「抗菌ブラシ」を採用しているので床の菌を99%除去できる性能を持っています。

集じん方式

集じん方式は「VC-MG710」が「バーティカルトルネードシステムクリア」、「VC-S500」は「バーティカルトルネードシステム」となります。

バーティカルトルネードシステムクリアは、サイクロン部が開閉式になっていて内部の汚れも水洗いできます。また親水性コーティングが施された「マジックダストカップ」なので水洗いだけで細かいホコリを洗い流せます。

フィルター

フィルターは「VC-MG710」が「排気清浄・脱臭フィルター、高集塵フィルター、ゼオライトフィルター」の3種類。「VC-S500」は「排気清浄・脱臭フィルター、ゼオライトフィルター」の2種類です。

排気性能

排気性能については「VC-MG710」のほうがフィルターが多いので「粒子径0.3μm以上の微細塵を約99.999%捕塵」とされています。一方で「VC-S500」は「粒子径0.5μm以上の微細塵を約99.9%捕塵」となります。

グリップ・タイヤ

グリップは「VC-MG710」が「らくわざフリーグリップ」、「VC-S500」は「新らくわざグリップ」です。本体側面の車輪も「VC-MG710」が「スムーズタイヤ」、「VC-S500」は「ソフトタイヤ」を採用しています。

ワイドピカッとブラシ・ゴミ残しまセンサー

また「VC-MG710」は暗い所を照らす「ワイドピカッとブラシ」、ゴミの有無を光でお知らせする「ゴミ残しまセンサー」を搭載していますが「VC-S500」にはありません。

省エネ機能

省エネ機能「ECOモード」の効果は「VC-MG710」が最大約52%削減、「VC-S500」は最大約44%削減とされています。これは「ゴミ残しまセンサー」の有無が影響しています。

付属品

付属品は「VC-MG710」が「ふとんブラシ、すき間ノズル、お手入れブラシ」<の3点。「VC-S500」は「すき間ノズル、お手入れブラシ」の2点となっています。

感想・評価

こちらの「東芝 トルネオV VC-MG710」は上位機種「VC-MG910」と機能・性能が同じです。

違いは付属品だけなので「電動ふとんブラシ、伸縮ロングノズル、ロングブラシ、付属品用ホース」が不要であれば価格が安い「VC-MG710」を選んだほうが良いでしょう。

しかし多くの場合、上位機種のほうが売れるので値引率も高くなりがちです。価格差が5,000円程度であれば付属品が豊富な「VC-MG910」をおすすめします。

製品仕様

発売年月2016年8月
メーカー東芝
型番VC-MG710(P) ライトピンク
JANコード4904550964262(ライトピンク)
サイクロン方式バーティカルトルネードシステムCLEAR(フィルターレスサイクロン)
ヘッド・ノズル自走式イオンファイバーヘッド(自走式モーターヘッド)
本体寸法幅220*奥行322*高さ276mm
本体質量本体質量:3.2kg
標準質量:4.6kg
吸込仕事率200W~約50W
消費電力850W~約250W
運転音64dB~約58dB
集じん容積0.4L
コードの長さ5メートル

スポンサーリンク