サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
シャープ プラズマクラスターサイクロン EC-NX310-R 商品画像

シャープ プラズマクラスターサイクロン EC-NX310-R 商品画像

《機能をシンプルにして価格を抑えたエントリーモデル》

「シャープ プラズマクラスターサイクロン EC-NX310(SHARP PLASMACLUSTER CYCLONE EC-NX310)」は、シャープ製キャニスター型サイクロン掃除機のスタンダードモデルです。約40日間ゴミ捨て・お手入れ不要の「スクリュープレスサイクロン」を搭載。掃除中に「プラズマクラスターイオン」を放出して室内をクリーンに保ちます。

後継機種は「シャープ スクリュープレスサイクロン EC-NX500」です(2013年9月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「プラズマクラスターサイクロン EC-NX310」は、シャープが販売するプラズマクラスター掃除機のエントリーモデルです。上位モデル「EC-VX310」との違いは、「重量」「運転音」「ハイグリップ自走パワーヘッド」「排気ULPAクリーンフィルター」「軽・らくフィットハンドル」「ハイブリッドサイレンサーシステム」「本体カラー」となっています。

まず本体重量4.7キロ(付属品含む6.4キロ)と上位機種(EC-WX310・EC-VX310)より軽くなっています。これは「空気清浄ユニット」「ULPAクリーンフィルター」が搭載されていないことが理由だと思います。また「ハイブリッドサイレンサーシステム」の省略により、運転音も若干大きくなっています(59デシベル)

ヘッドは、自走力が強い「ハイグリップ自走パワーヘッド」ではなく、通常の「こまわり・すみジョーズ自走ヘッド」となっています。ハンドルも水平タイプの「軽・らくフィットハンドル」から、従来型の手元ハンドルに変更されています。ボディカラーは「レッド系(EC-NX310-R)」と「ブルー系(EC-NX310-A)」の2種類から選べます。

サイクロンシステムは、ダストカップ内で発生させた旋回機流で大きなゴミを遠心分離、小さなゴミはダストカップ上部の「HEPAクリーンフィルター」で除去する「ハイブリッドサイクロン」方式です。掃除中にゴミを押し固める「ロングスクリューフィン」を搭載。ごみ捨ての頻度が従来モデルに比べて約3分の1に減っているそうです。

ダストカップフィルター付きのハイブリッドサイクロン掃除機は、定期的にフィルターの汚れを落とさないと吸引力が低下してしまいます。この手間を減らすために、目詰りを自動で検知する「センサー自動クリーンメカ」を搭載しています。この機能は、フィルターが汚れてくると音とランプで警告し、運転停止後に自動でフィルターの汚れを叩き落とす仕組みです。

排気に関しては、シャープ自慢の「プラズマクラスター発生装置」を搭載しています。掃除中だけでなく、掃除終了後にも約15分間プラズマクラスターを室内に放出。HEPAクリーンフィルターとの相乗効果によりクリーンな排気を実現しています。

「プラズマクラスターサイクロン EC-NX310」本体の他に、すき間ノズル、ベンリブラシ、つぎ手パイプが付属します。

シャープ プラズマクラスターサイクロン EC-NX310-A 商品画像

製品仕様

発売年月 2012年9月
メーカー シャープ
型番 EC-NX310-R(レッド系)
EC-NX310-A(ブルー系)
サイクロン方式 ハイブリッドサイクロン
ヘッド・ノズル 自走式モーターヘッド
本体寸法 幅25.8センチx奥行き41.2センチx高さ27.1センチ
本体質量 本体のみ: 4.7キロ(付属品含む: 6.4キロ)
吸込仕事率 400~約90W
消費電力 1000~約300W
運転音 59~約53dB
集じん容積 0.4リットル
コードの長さ 5メートル

スポンサーリンク