サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
シャープ コードレスサイクロン EC-DX100-R 商品画像1
《バッグのように持ち運べるコードレスサイクロン掃除機》

「シャープ コードレスサイクロン EC-DX100(SHARP CORDLESS CYCLONE EC-DX100)」は、シャープ製のコードレスサイクロンクリーナーです。左右の大型ホイールに挟まれる形でダストカップを配置した独特なデザインが特徴。大容量の充電式リチウムイオンバッテリーを採用しており、最長46分間の掃除が可能です。自走式モーターヘッド搭載。

「シャープ コードレスサイクロン EC-DX100」の実売価格は40,000円前後です。

シャープ コードレスサイクロン EC-DX100-R 商品画像1

スポンサーリンク

製品情報

「コードレスサイクロン EC-DX100」は、充電式のコードレスサイクロン掃除機です。キャニスター型サイクロン掃除機「シャープ 遠心分離サイクロン EC-QX310(2012年11月発売)」と同タイプのボディを採用。新型モーターを搭載し、コンパクト設計と高い吸引力を両立しています。

小型軽量化を達成できた理由は、業界初といわれる「SRモーター」の搭載です。「SR」とは「Switched Reluctance」の略で永久磁石やブラシを使用しないモーターのことです。小型かつ高速回転が特長であり電気自動車などにも採用されているそうです。これにより従来のユニバーサルモーターと比べて、3分の2程度の小型化に成功しています。

また吸込仕事率についても、約300Wの「EC-QX310」を100とした場合、「EC-DX100」のじゅうたん上での吸引性能は「砂103」「糸くず100」とされており、コードレス型にも関わらずキャニスター型に引けをとらない性能を実現しています。

サイクロンシステムは、大きなゴミをダストカップ内で遠心分離、小さなゴミはダストカップ上部のHEPAフィルターで濾し取る「ハイブリッドサイクロン」方式です。

ハイブリッドサイクロン方式はフィルターが汚れやすいのでこまめなお手入れが必要です。しかし本機は様々な機能でお手入れの手間を減らす工夫がされています。例えば、掃除後に「フィルターお手入れレバー」を左右に動かすことでフィルターの汚れを叩き落せます。またゴミ捨ての際にもフィルターのツマミを10回程度回すと「HEPAフィルター」のホコリを落とせるので吸引力の低下を抑えることができます。

容量86.8Whの「充電式リチウムイオンバッテリー」を内蔵。充電時間は約4時間です。連続使用時間は、自動エコモード約20~46分、強モード約15分(回転ブラシ入は約13分)、弱モード約50分(回転ブラシ入は約46分)となっています。

リチウムイオンバッテリーは消耗品のため、定期的な交換が必要です。交換の目安は約3年(満放充電約1000回)とされています。バッテリー交換は自分ではできないので、購入した販売店かシャープの修理相談センターに依頼する必要があります(価格は約15,000円を予定)

ヘッドは、モーター駆動でブラシを回転させるパワーヘッド。付属品の「ロング伸縮ブラシ」「肩かけベルト」を利用することで、室内以外にも、カーテン・棚・車内なども掃除できます。また、バッテリー残量やフィルターの目詰りを音声で案内する「ココロエンジン」を搭載。これは、同じシャープのロボット掃除機「ココロボ」に搭載された機能です。掃除機の使用状況に合わせてお知らせ内容が変化するそうです。

「コードレスサイクロン EC-DX100」本体の他に、充電台(コードの長さ1メートル)、ロング伸縮ブラシ、ベンリブラシ、肩かけベルトが付属します。

シャープ コードレスサイクロン EC-DX100-R 商品画像2

製品仕様

発売年月 2013年2月
メーカー シャープ
型番 EC-DX100-R(レッド系)
サイクロン方式 ハイブリッドサイクロン
ヘッド・ノズル 自走式モーターヘッド
本体寸法 幅18.9センチx奥行き31.7センチx高さ25.2センチ
本体質量 本体のみ: 3.5キロ(付属品含む: 4.9キロ)
吸込仕事率 未公表
消費電力 充電中:約33W
充電完了後:約0.3W
本体をはずした時:0.3W
運転音 64~約57dB
集じん容積 0.25リットル
コードの長さ 充電台:1メートル
スポンサーリンク