サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
ダイソン DC48 タービンヘッド(アイアン/サテンブルー) 商品画像1

ダイソン DC48 タービンヘッド(アイアン/サテンブルー) 商品画像1ダイソン DC48 タービンヘッド(アイアン/サテンイエロー) 商品画像1

《静かで軽いDC48シリーズのタービンヘッドモデル》

「ダイソン DC48 タービンヘッド(Dyson DC48 Turbinehead)」は、ダイソンが販売するキャニスタータイプのサイクロン掃除機です。日本市場向けに開発された軽量コンパクトボディが特徴。新開発の小型モーターと吸気経路の改良により、運転音も大幅に抑えられています。吸気でブラシを回転させる「タービンヘッド」搭載モデルです。

後継機種は「ダイソン DC63 タービンヘッド」です(2014年4月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「ダイソン DC48 タービンヘッド」は日本向けに開発されたダイソンのコンパクトモデル。「ダイソン DC36」の後継機種に該当する製品です。

「DC48 タービンヘッド」本体の他に「フトンツール」「ソフトブラシツール」「フレキシブル隙間ノズル」が付属します。

DC48THのセールスポイント

「ダイソン DC48 タービンヘッド」のセールスポイントは「静音化」です。

従来品の「DC46」より音が静かになりました。具体的な数値は公表されていませんが運転中の騒音は約40パーセント小さくなっているそうです。

まるでバスケットボールのような球形のボディは「Ballテクノロジー」と名付けられたダイソン独自の技術です。ボール型の本体に、モーター、フィルター、電源コードを全て収納し重心を低く保ちます。ホースの連結部分が自由に動く「ボールエンジニアリング」との相乗効果で狭い部屋でも小回りが効いて操作しやすくなっています。

サイズは幅19.2センチ・奥行き36.1センチ・高さ25.3センチと約30パーセント小型化されています。また重量も本体2.7キロ、ホースとヘッドを合わせて4.75キロと軽量化されました。

大幅な小型軽量化を達成できた理由は「ダイソン デジタルモーター V4」と名付けられた新型モーターの搭載です。またモーターと合わせて気流の経路を再設計することで空気が効率よく流れるようになり、騒音を抑えて音質まで改善できたそうです。

DC48シリーズのサイクロンシステムはモーターヘッドとタービンヘッドで共通です。

「ラジアルルートサイクロンテクノロジー(Radial Root Cyclone Technology)」と名付けられた14本の円錐形サイクロンを放射状に並べた独特な形が特徴。ダストカップ内で大きいゴミを遠心分離→中位のゴミをシュラウドで除去→小さなゴミを小型サイクロンで除去という三段階方式で、花粉やカビなどの微細なゴミまで捕らえます。

ほとんどのゴミをサイクロンで取り除くのでモーター保護用の「ポストモーターフィルター」はお手入れ不要です。さらに「プレモーターフィルター」も1年に1回の水洗いのみで繰り返し使用できます。

ダイソン DC48 モーターヘッドとの違いを比較

同時発売の「ダイソン DC48 モーターヘッド」との違いを比較してみましょう。

主な違いは「ヘッドの種類」「重量」「付属品」「本体カラー」です。

吸い込んだ空気の力でブラシを回転させる「タービンヘッド」を搭載。ヘッドの違いにより100グラム軽くなっています。またソファーやカーペット等の掃除に便利な小型ヘッド「タングルフリータービンツール」が付属しません。本体カラーは「アイアン/サテンブルー」です(「アイアン/サテンイエロー」は生産終了)


Dyson キャニスター掃除機 DC48MHSP

ダイソン DC48THSRMO タービンヘッド ジャパネットたかたモデル

本機の派生モデルとしてテレビ通販の「ジャパネットたかた」のみで購入できる「ダイソン DC48THSRMO タービンヘッド ジャパネットたかたモデル」という商品があります(2015年10月発売)

機能・性能は本機と共通ですが、本体カラーにジャパネット専用カラーの「サテンレッド」を採用しており、付属品も「ベンリキット(アップトップツール・ハードブラシツール)」「特別キット(フトンツール・フレキシブル隙間ノズル)」の計4点となっています。

評判・レビュー

長所

ダイソン製品に共通する長所はスタイリッシュなデザインです。まるでSF映画に登場するような未来的な外見は、国産メーカー品とは全く違う個性を発揮しています。

また14気筒の小型サイクロンによる吸引力の強さは圧倒的で、ヘッドが床に吸い付いて動かしにくく感じられるほどです。

サイクロンの遠心分離性能が高いので、フィルターお手入れの回数が少なく済むこともダイソンの特長です。

短所

「DC48」シリーズは静かになったことをセールスポイントにしていますが、国産メーカーのハイエンドモデルと比べるとかなり大きな音が出ます。

特に「キーン」という金属系の高音が気になるので心配な人は電器店で音の大きさを確認したほうが良いでしょう。

また国産サイクロンクリーナーによく見られる「自走機能」「省エネ機能」「ゴミセンサー」等の便利機能はありません。全体的に吸込性能以外は割り切った製品と言えます。

ダイソン DC48 タービンヘッド(アイアン/サテンブルー) 商品画像2ダイソン DC48 タービンヘッド(アイアン/サテンイエロー) 商品画像2

製品仕様

発売年月 2013年3月
メーカー ダイソン
型番 DC48THSB(アイアン/サテンブルー)
DC48THSY(アイアン/サテンイエロー)※販売終了
サイクロン方式 フィルターレスサイクロン
ヘッド・ノズル タービンヘッド
本体寸法 幅19.3センチ*奥行き36.1センチ*高さ25.3センチ
本体質量 本体のみ: 2.7キロ(付属品含む: 4.75キロ)
吸込仕事率 170W
消費電力 未公表
運転音 未公表
集じん容積 0.5リットル
コードの長さ 5メートル

スポンサーリンク