サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
東芝 トルネオV VC-MG900(R) グランレッド 商品画像1

東芝 トルネオV VC-MG900(R) グランレッド 商品画像1

《2015年型「トルネオV」シリーズのフルスペックモデル》

「東芝 トルネオV VC-MG900」は2015年型「トルネオV」シリーズの最上位機種です。機能・性能は下位機種の「VC-MG800」と共通なのですが「本体カラー」が異なっており、布団を叩いて吸引できる電動ふとんブラシ「パワービーターヘッド」が付属しています。

後継機種は「東芝 トルネオV VC-MG910」です(2016年8月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「東芝 トルネオV VC-MG900」は、東芝ライフスタイル株式会社(本社:東京都青梅市)が2015年8月に発売した「トルネオV」シリーズのフルスペックモデルです。

2015年モデル4機種の中で、唯一、電動ふとんブラシ「パワービーターヘッド」が付属しています。他の機能・性能は下位機種の「VC-MG800」と共通仕様になります。

東芝 トルネオV VC-SG514との違いを比較

2014年型である「東芝 トルネオV VC-SG514」との違いを比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「サイズ」「タイヤ」「ヘッド」「集じん方式」「排気フィルター」「モーターケース」「捕集率」「消費電力」「付属品」です。

本体カラー

本体カラーは、本機が「グランレッド」「ターコイズブルー」の2種類、旧モデルは「グランレッド」「グランホワイト」「グランブルー」の3種類です。

サイズ

本機のサイズは「幅220*奥行322*高さ276mm」なのに対して、旧モデルは「幅220*奥行322*高さ267mm」なので高さが約0.9センチ大きくなっています。これは新設計されたボディが理由だと思います。

タイヤ

また本機の「スムーズタイヤ」は旧モデルの「ソフトタイヤ」より横滑りしやすい設計なので、壁や家具に引っ掛かっても本体が動くよう工夫されています。

ヘッド

ヘッドは従来品と同じ「イオンファイバーヘッド」です。しかしフローリングのざらつきを除去する「セミソフトブラシ」を新素材に変更しています。また回転ブラシに絡まった毛を除去しやすい構造に改良しています。

集じん方式

集じん方式は、本機が「バーティカルトルネードCLEAR(クリア)」、旧モデルは「バーティカルトルネードシステム」です。どちらも同じ「フィルターレスサイクロン方式」ですが、新型はサイクロン部が開閉式なので細かい部分まで水洗い可能できます。

排気フィルター

排気フィルターは、本機が「排気清浄脱臭フィルター」「高集塵フィルター」「ゼオライトフィルター」、旧モデルは「排気清浄脱臭フィルター」「フラボノイドフィルター」「脱臭フィルター」となっています。

モーターケース・捕集率

また本機は、微細な塵の排出を抑える「密閉モーターケース」を採用しています。

結果として本機の捕集率は「粒子径0.3μm以上の微細塵を約99.999%捕塵」になりました。旧モデルは「粒子径0.5μm以上の微細塵を約99.9%捕塵」なので、従来品より大幅に性能アップしています。

消費電力

さらに消費電力も、本機は「850W~約250W」、旧モデルは「850W~約300W」となっており、本機のほうが約50W省電力化されています。

付属品

本機の付属品は「電動ふとんブラシ」「ロングアタッチメントセット」「すき間ノズル」「お手入れブラシ」の4点です。

一方、旧モデルには「付属品用ホース」「伸縮ロングノズル」「ロングブラシ」「洋服布用ブラシ」「ふとん用ブラシ」「すき間ノズル」「お手入れブラシ」「応用付属品収納バッグ」の8点が付属します。

東芝 トルネオV VC-MG800との違いを比較

下位機種「東芝 トルネオV VC-MG800」との違いを比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「付属品」です。他の仕様は共通となっています。

本体カラー

本機の本体カラーは「グランレッド」「ターコイズブルー」ですが下位機種は「グランレッド」「グランホワイト」の2色から選べます。

付属品

本機には電動ふとんブラシ「パワービーターヘッド」が付属しています。これは布団クリーナー「レイコップ」のように布団のホコリを叩き出しながら吸い込むアタッチメントです。

東芝 パワービーターヘッド 商品画像

具体的にはヘッド内に「ハイパワーモーター」を内蔵しており「ワイドビーター」がハウスダストをたたき出しながら、幅約21センチの吸込口で吸引します。また布団に密着する面には「抗菌加工」が施されているそうです。

軽い操作を実現するために布団の起伏に合わせてヘッドが密着する「フリーアングル設計」を採用。さらに布団への吸い付きを防止するため「吸い付き防止ワイドローラー」と「大型車輪」を備えています。

他の機能・性能については2機種とも同じであり違いはありません。

感想・評価

長所

「東芝 トルネオV VC-MG900」の長所は大きく向上した捕集率です。

これに関しては明らかに従来品より良くなっているので、ハウスダスト対策を徹底したい人は迷わず2015年モデルを選んだほうが良いでしょう。

汚れがたまりやすいサイクロン部を全て水洗い可能にしたことや、回転ブラシにからまった毛を除去しやすくするなど、改良点も多く見られます。

短所

「東芝 トルネオV VC-MG900」の短所は価格と付属品です。

「VC-MG900」の実売価格は73,000円前後、下位機種の「VC-MG800」は68,000円前後なので、2機種の価格差は約5,000円です。

前述したように機能・性能は「VC-MG800」と共通なので、電動ふとんブラシ「パワービーターヘッド」が不要でしたら下位モデルを選んだほうが良いでしょう。

東芝 トルネオV VC-MG900(L) ターコイズブルー 商品画像1

製品仕様

発売年月2015年8月
メーカー東芝
型番VC-MG900(R) グランレッド
VC-MG900(L) ターコイズブルー
JANコード4904550959978(グランレッド)
4904550959985(ターコイズブルー)
サイクロン方式バーティカルトルネードシステムクリア(フィルターレスサイクロン)
ヘッド・ノズルイオンファイバーヘッド(自走式モーターヘッド)
本体寸法幅22センチ*奥行き32.2センチ*高さ27.6センチ
本体質量本体のみ:3.2キロ(付属品含む:4.6キロ)
吸込仕事率200W~約50W
消費電力850W~約250W
運転音64dB~約58dB
集じん容積0.4リットル
コードの長さ5メートル

スポンサーリンク