サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
三菱電機 風神 TC-ZXC30P-V 商品画像

三菱電機 風神 TC-ZXC30P-V 商品画像

《掃除機開発80周年を記念した風神ハイエンドモデル》

「三菱電機 風神 TC-ZXC30P(Mitsubishi Fujin TC-ZXC30P)」は、三菱電機が販売するサイクロン式掃除機のハイエンドモデルです。ダストカップのフィルターを排除した「フィルターレスサイクロン」を採用。サイクロンBOXは水洗い可能です。自走式パワーブラシ搭載。

後継機種は「三菱電機 風神 TC-ZXD30P」です(2014年6月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「三菱電機 風神 TC-ZXC30P」は、本格的な「フィルターレスサイクロン」システムを搭載するキャニスター型掃除機です。今回フルモデルチェンジを行い、先代モデル「風神 TC-ZXB17P」と比べて大幅に軽量コンパクト化されました。

ボディカラーは「シャインバイオレット(TC-ZXC30P-V)」と「ルビーレッド(TC-ZXC30P-R)」の2色が用意されています。

本体サイズは、旧モデル「TC-ZXB17P」より、幅3.8センチ、奥行き4.4センチ、高さ2センチ小型化されています。また重量も、本体のみ1.1キロ(付属品含む1.4キロ)軽くなりました。

サイクロンシステムは、吸い込んだゴミと空気を遠心分離する「フィルターレスサイクロン」方式です。

具体的には、ダストカップの吸気口で空気を分岐して、再度合流させることにより、強力な旋回気流を発生させる「ハイパーエアロアクセル」という仕組みを採用。これにより、90m/sの高速遠心分離を実現できるため、ダストカップにフィルターを設置する必要がありません。またダストカップを「旋回気流が発生する場所」と「ゴミが溜まる場所」に分けることで、排気の臭いを従来品より約83パーセント抑制できたそうです。

同時発売の下位モデル「風神 TC-ZXC20P」との違いは、「重量」「運転音」「毛がらみ除去機能」「回転ブラシ抗菌加工」「アレルパンチ植毛」「ULPAフィルター」「付属品」「本体カラー」です。

まず重量については、「毛がらみクリーン自走式パワーブラシ(JB-722XCM)」を採用していることから、約200グラム重くなっています。運転音は「TC-ZXC30P」のほうが約1dB静かですが、実感できるほど違いはないでしょう。

回転ブラシは「抗菌加工」と「アレルパンチ植毛」が施されており、フローリングに付着した菌も拭き取ることができます。また毛が絡みついた回転ブラシを横に引き抜くだけで、お手入れできる「毛がらみ除去機能」を採用。水洗いも可能です。

排気性能については、モーター下部に高性能な「ULPAフィルター」を搭載。モーター上部の「HEPAフィルター」との組み合わせにより、吸引したゴミを99.999パーセント逃さないとされています。また手元グリップに「感振センサー」を内蔵。掃除中の動きに合わせて自動節電する「スマートSTOP」機能を実現しています。

付属品は、2WAYロングノズル、2WAYキャッチローラー、ふとんブラシ、お手入れブラシの4点となります(「TC-ZXC20P」の付属品は、サッシノズル、お手入れブラシのみ)。

ちなみに「風神」という商品名は、三菱電機が1966年に発売した胴体2分割式掃除機「TC-1100」からの伝統を持つブランドネームです。

三菱電機 風神 TC-ZXC30P-R 商品画像

製品仕様

発売年月 2013年3月
メーカー 三菱電機
型番 TC-ZXC30P-V(シャインバイオレット)
TC-ZXC30P-R(ルビーレッド)
サイクロン方式 フィルターレスサイクロン
ヘッド・ノズル 自走式モーターヘッド(自走式パワーブラシ)
本体寸法 幅21.6センチx奥行き35.7センチx高さ28.3センチ
本体質量 本体のみ:3.8キロ(付属品含む:5.3キロ)
吸込仕事率 230~約130W(節電モード:230~約15W)
消費電力 850~約600W(節電モード:850W~約100W)
運転音 64~約61dB(節電モード:64~約49dB)
集じん容積 0.9リットル
コードの長さ 5メートル

スポンサーリンク