サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
ダイソン DC63 モーターヘッド コンプリート(ニッケル/ブルー) 商品画像1

ダイソン DC63 モーターヘッド コンプリート(ニッケル/ブルー) 商品画像1

《モーターヘッドを装備するDC63のコンプリートモデル》

「ダイソン DC63COM Dyson Ball Motorhead+(ダイソンボール モーターヘッド プラス)」は、サイクロン掃除機「DC63」シリーズの最上位機種です。4種類の便利なアタッチメントが付属するコンプリートモデル。24個の小型サイクロンで遠心分離を行う「2 Tier Radial サイクロン」を搭載。ヘッドはモーター駆動式の「モーターヘッド」です。

※過去に「ダイソン DC63 モーターヘッド コンプリート(Dyson DC63 Motorhead Complete)」という名前で販売されていた商品と同じ機種です。

スポンサーリンク

製品情報

「ダイソン DC63COM Dyson Ball Motorhead+(ダイソンボール モーターヘッド プラス)」は、「ダイソン株式会社(本社:東京都千代田区)」が販売するサイクロンクリーナーです。

2014年4月に発売された「DC63」シリーズ(DC63COM・DC63MH・DC63TH)の最上級モデル。

2015年10月に「CY24 Dyson Ball Fluffy(ダイソンボール フラフィ)」シリーズが発売されたことから、それまでの「ダイソン DC63 モーターヘッド コンプリート(Dyson DC63 Motorhead Complete)」という商品名を「DC63COM Dyson Ball Motorhead+(ダイソンボール モーターヘッド プラス)」に変更して継続販売されています。

機能・性能

デザイン

デザインは「DC36」シリーズから採用された「Ballテクノロジー」です。これは文字通り球形の筐体にモーターやダストボックスを内蔵しており、重心が低く動作が安定するメリットがあります。ちなみにBallテクノロジーを使用する掃除機は「Dyson ball(ダイソンボール)」という愛称が付けられています。

ヘッド

ヘッドはモーター駆動式の「モーターヘッド」です。電動式の「回転ブラシ」が絨毯・カーペットの奥からゴミを強力にかき出します。また「カーボンファイバーブラシ」を採用しており、静電気の発生を抑えてフローリングのホコリを除去しやすくします。

サイクロンシステム

サイクロンシステムは「2 Tier Radial サイクロン」と名付けられた新型です。これは円錐形の小型サイクロンを12個ずつ2段に重ねて強力な遠心力を生み出す「フィルターレスサイクロン」方式となります。大きめのゴミはクリアビン内で遠心分離され、小さなゴミは24個の小型サイクロンで大半が取り除かれます。

排気フィルター

わずかに残ったミクロサイズのゴミは、最終的に「プレモーターフィルター」と「ポストモーターフィルター」で除去する構造ですがサイクロンで極限まで遠心分離されるので、プレモーターフィルターのお手入れは「1年に一度」、ポストモーターフィルターは「洗浄・交換不要」とされています。またプレモーターフィルターはプリーツ状の「HEPAフィルター」なので、0.3ミクロンまでの微細なハウスダストを99.97%以上除去する高性能です。

モーター

複数の小型サイクロンで旋回気流を発生させるためには強力なモーターが必要です。「DC63」シリーズは、毎分最大10万1千回転の「ダイソン デジタルモーター V4(「DDM V4」)」を搭載しており、世界最小クラスにも関わらず強力なパワーを発揮しています。

ダイソン DC63 モーターヘッド コンプリート(ニッケル/ブルー) 商品画像2

ダイソン DC63 モーターヘッド(Dyson DC63MH Motorhead)との違いを比較

下位モデル「ダイソン DC63 モーターヘッド(Dyson DC63MH Motorhead)」との違いを比較してみましょう。主な違いは「本体カラー」「付属品」です。

ベースカラーは「DC63 モーターヘッド コンプリート」と「DC63 モーターヘッド」の両方とも「ニッケル」となります。しかしサイクロン部分の「ガスケット」が異なっており「DC63 モーターヘッド コンプリート」は「ブルー」にカラーリングされています。

ダイソンが販売するコンプリートモデルの特徴は豊富な付属品です。

「DC63 モーターヘッド」と「ダイソン DC63 タービンヘッド」に付属する「コンビネーションノズル」が省略されていますが、その代わり「タングルフリータービンツール」「カーボンファイバーソフトブラシツール」「リーチアンダーツール」「フトンツール」の4点が同梱されます。

「タングルフリータービンツール」は逆回転する2個のブラシを持つユニークなデザインの小型ヘッドです。吸気でブラシを回転させるタービン駆動式。ブラシに毛髪・ペットの毛・糸くずがからみにくいので、ソファーやベッド等の布製品に最適とされています。

「カーボンファイバーソフトブラシツール」は縦に細長いデザインのノズルです。カーボンファイバー製のブラシが採用されておりソフトに掃除できるので、傷つきやすいテーブルやテレビ台のホコリを拭き取る作業に便利です。

「リーチアンダーツール」は他社製品の「すき間ノズル」や「サッシノズル」に近い付属品です。ジグザグ型のブラシが付いた先端部は角度調整が可能。さらに伸縮部も自由な角度に曲げられます。棚の上やエアコン等、手が届きにくい場所の掃除に重宝します。

「フトンツール」は幅広の吸込口を備える寝具用のノズルです。回転ブラシはありませんが、吸込口付近に「エチケットブラシ」のような素材が貼り付けられており、ふとん表面のゴミを残しません。

他の機能・性能については下位モデル「DC63 モーターヘッド」と共通です。

ダイソン DC63 モーターヘッド コンプリート(ニッケル/ブルー) 商品画像3

感想・評価

こちらの「ダイソン DC63COM Dyson Ball Motorhead+」は2014年4月に発売され、2017年現在も継続販売されているベストセラー商品です。

多少の改良・変更はありますが基本的な機能は最新モデルの「CY25」シリーズと同じであり、他社の最新モデルと比べても見劣りしない性能を持っています。

コンプリートモデルなので4種類のアタッチメントが同梱されるなど付属品も豊富なのですが、ヘッドは一般的な「モーターヘッド」なので注意が必要です。

「DC63COM」を検討している人は「ソフトローラークリーナーヘッド」や「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」を装備する最新モデルもチェックしておいたほうが良いでしょう。

製品仕様

仕様項目DC63COM
発売年月2014年4月
メーカーダイソン
型番DC63COMNB Nickel/Blue(ニッケル/ブルー)
JANコード5025155019108
サイクロン方式2 Tier Radial サイクロン (フィルターレスサイクロン)
ヘッド・ノズルモーターヘッド
本体サイズ本体:幅19.3センチ*奥行き36.1センチ*高さ25.3センチ
収納時:幅21.1センチ*奥行き72.1センチ*高さ70.1センチ
重量本体のみ: 2.75キロ(付属品含む: 4.97キロ)
吸込仕事率160AW
消費電力1150W
運転音未公表
集じん容積0.5L
コードの長さ5メートル
付属品モーターヘッド、タングルフリータービンツール、カーボンファイバーソフトブラシツール、リーチアンダーツール、フトンツール

スポンサーリンク