サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
dyson メーカー タイトル画像

dyson メーカー タイトル画像

《A4サイズ1枚に収まる日本専用モデル》

「ダイソン DC26 CF モーターヘッド コンプリート DC26CFMHCOM(Dyson DC26 Carbon Fibre Motorhead Complete)」は英・ダイソン社が販売するキャニスター型のサイクロン式掃除機です。

日本市場向けに開発された軽量かつコンパクトなボディが特徴。「DC26 CF MH COM」は、モーター駆動式の回転ブラシを搭載するモデルです。

後継機種は「ダイソン DC36 カーボンファイバー モーターヘッド」です(2011年9月発売)

スポンサーリンク

製品情報


Dyson DC26 CF DC26CFMHCOM

「ダイソン DC26 CF モーターヘッド コンプリート DC26CFMHCOM」は日本市場向けに開発された製品です。最大の特徴は小型化された本体で「A4用紙1枚に収まるサイズ」とメーカーは発表しています。実際に最上位モデル「ダイソン DC46」と比較すると、高さは約3センチ、幅は約2センチ、奥行きは約12センチ。重量も約1キロ軽くなっています。

「ダイソン DC26」には3種類のバリエーションがあり、それぞれの違いはヘッド(ノズル)と付属品となっています。こちらで紹介する「DC26 CF モーターヘッド コンプリート」は、ヘッド部分に小型モーターを内蔵し、電動で回転ブラシを動かすタイプです。

ヘッド部分の回転ブラシには2種類の素材が使われています。ナイロン素材のブラシは絨毯(じゅうたん)・カーペットの奥に入り込んだゴミや髪の毛をかき取る役目です。一方、炭素繊維を使用した「カーボンファイバーブラシ」はフローリングのホコリをきれいに取り除きます。炭素繊維には床を摩擦することで発生する「静電気」を予防する効果があり、通常のブラシより高い効果を発揮します。

吸引システムには、ダイソンの独自技術「Root Cyclone(ルートサイクロン)テクノロジー」を採用。吸い込んだゴミと空気を強力な遠心力で分離します。これによりフィルターの目詰りがなく、吸引力が落ちにくい設計となっています。またフィルターの水洗いは約2年が目安とされています。

付属品は、コンビネーションノズル(ブラシ・隙間)、ミニT字型ノズル、フトンツール、ソフトブラシツール、フレキシブル隙間ノズルです。

評判・レビュー

長所

「DC26 CF モーターヘッド コンプリート」の長所は、ダイソン製のキャニスター型掃除機で最もコンパクトなボディです。大幅に小型・軽量化された本体は、動かしやすく取り回しも便利です。ダイソンの掃除機に「重い・大きい」というイメージを抱いていた人におすすめできる製品と言えるでしょう。

短所

「ダイソン DC26」の弱点は音の大きさです。コンパクト化の代償としてモーターの配置や設計が制限され、球形のボディに主要部品を内蔵する「ボールテクノロジー」を採用した機種(DC36・DC46)と比べるとかなり大きな音が発生します。

製品仕様

発売年月 2010年9月
メーカー ダイソン
型番 DC26CFMHCOM(アイアン/サテンフューシャ)
サイクロン方式 フィルターレスサイクロン
ヘッド・ノズル モーターヘッド
本体寸法 幅20.5センチx奥行き32センチx高さ26.6センチ
本体質量 本体のみ: 3.3キロ(付属品含む: 5.88キロ)
吸込仕事率 170W
消費電力 1,100W
運転音 未公表
集じん容積 0.68リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク