サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
DYSON DC48 MH COM FUSHCIA 商品画像
《30%小型化・40%静音化したDyson日本向けモデル》

ダイソンは、キャニスター型サイクロン式掃除機「DC48 モーターヘッド」と「DC48 タービンヘッド」を発表しました。ダイソンオンラインストアでの販売価格は、モーターヘッドが97,800円、タービンヘッドが89,800円です(2013年3月28日時点)

モーターヘッドには「アイアン/サテンフューシャ」と「アイアン/サテンパープル」の2色。タービンヘッドには「アイアン/サテンブルー」と「アイアン/サテンイエロー」の2色がラインナップされています。

→ ダイソン DC48 モーターヘッドの比較と評判
→ ダイソン DC48 タービンヘッドの比較と評判

スポンサーリンク

ダイソン DC48 モーターヘッド

DYSON DC48 MH COM FUSHCIA 商品画像DYSON DC48 MH COM PURPLE 商品画像

ダイソン DC48 タービンヘッド

DYSON DC48 TH COM BLUE 商品画像DYSON DC48 TH COM YELLOW 商品画像

「DC48」最大の特徴は、日本の住宅事情に合わせた「大幅な小型軽量化・騒音の低減」です。

約7年かけて開発された世界最小クラスの1150Wモーター「ダイソン デジタルモーター V4」を搭載。タービンヘッドは本体2.7キロ(付属品込4.75キロ)、モーターヘッドは本体2.8キロ(付属品込4.95キロ)という業界トップクラスの軽量化を実現。従来品の「ダイソン DC46」と比較して、30パーセントの小型化、40パーセントの静音化を達成しています。

ダイソンの弱点だった「運転音」についても、新型モーターに加えて、ボール型ボディ、サイクロン、ヘッドを改良することで、運転音を大幅に低減し、音質も改善されています。しかし運転音の具体的な数値については未公表となっています。

ダイソンの代名詞であるサイクロンシステムは、「ダイソン DC36」にも搭載された「ラジアルルートサイクロンテクノロジー(Radial Root Cyclone)」を採用。円錐形の小型サイクロンを放射状に並べる形でレイアウトしています。

クリーナーヘッドには、従来品でも定評がある「カーボンファイバーブラシ」を搭載。カーボンファイバー素材とナイロンブラシを組み合わせることで、フローリングに付着した微細なホコリを効果的に除去します。

本体には「Dyson Ballテクノロジー」と呼ばれる球形のボディを採用。モーター、ファン等の部品を低重心に配置することで、転倒を予防しコントロールしやすくなっています。またプレモーターフィルターのお手入れ(水洗い)は約1年に1回となっています。

本体の他に、フトンツール、ソフトブラシツール、フレキシブル隙間ノズルが付属。さらに「DC48 モーターヘッド」のみ「タングルフリー タービンツール」が付属しています。

実質的には、日本市場向けに開発された「ダイソン DC26」の後継機種と言える製品です。大幅な小型軽量化と静音化はうれしい改良ですが、ライバル製品と比べて相当高い価格設定が購入のネックになりそうです。

→ ダイソン公式サイト
→ 「Dyson DC48」製品情報
→ ダイソン、“日本のために開発した”最も小さく静かな掃除機 – 家電Watch

スポンサーリンク