サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
東芝 タイトル
《デザインを一新して軽量化された新型「トルネオ ミニ」》

東芝は小型軽量サイクロン掃除機「トルネオ ミニ(TORNEO mini)」シリーズの2013年モデル2機種を発表しました。新型トルネオミニシリーズ最大の特長は、従来機種(VC-C12)より200グラム軽量化された新型デザインのボディです。

2機種の主な違いはゴミを吸い込むヘッドです。上位モデル「VC-C3」がモーター駆動式、下位モデル「VC-C3A」がエアー式のヘッドを採用しています。

店頭予想価格は「VC-C3」が40,000円前後。「VC-C3A」が30,000円前後です。発売日は2013年12月1日となっています。

→ 東芝 トルネオ ミニ VC-C3の比較と評判
→ 東芝 トルネオ ミニ VC-C3Aの比較と評判

東芝 タイトル

スポンサーリンク

トルネオ ミニ VC-C3

トルネオ ミニ VC-C3(N) ピンクゴールド 新製品トルネオ ミニ VC-C3(R) グランレッド 新製品

  • VC-C3(N) ピンクゴールド(店頭予想価格40,000円前後)
  • VC-C3(R) グランレッド(店頭予想価格40,000円前後)
トルネオミニの現行モデル「VC-C12」の後継機種。「トルネオV コンパクト」と共通の凹凸が少ないデザインを採用。従来品より約200グラム軽い標準質量3.8キロを実現しています。「カーボン延長管」と「エコモード」も装備。ヘッドは「軽量コンパクトパワーヘッド」です。

トルネオ ミニ VC-C3A

トルネオ ミニ VC-C3A(P) シルキーピンク 新製品

  • VC-C3A(P) シルキーピンク(店頭予想価格30,000円前後)
トルネオミニの現行機種「VC-C12A」の後継モデル。トルネオミニの現行モデル「VC-C12」の後継機種。基本性能はほぼ同じですが、標準質量が上位モデルより約100グラム軽く、カーボン延長管とエコモードが省略されています。ヘッドは「フローリングターボヘッド」です。

→ 東芝ホームアプライアンス株式会社:本体質量2.3kgの軽量コンパクト・サイクロン式クリーナーの発売について
→ 2.3kgの軽量サイクロン式掃除機「トルネオ ミニ」 – 家電Watch

トルネオ ミニ2013年モデル2機種の感想

今回発表された「トルネオ ミニ」2013年モデルの2機種は、トルネオミニの現行品「VC-C12」「VC-C12A」の後継機種に該当します(ちなみに「VC-C212」の後継品は発表されていません)

新デザインが採用されたので、一見するとフルモデルチェンジした商品に見えますが、肝心のサイクロンシステムが旧モデルと同じ「デュアルトルネードシステム」となっています。

「デュアルトルネードシステム」はサイクロンによる遠心分離とフィルターを併用するハイブリッド方式の吸引システムです。この方式はフィルターが目詰りするとパワー低下を招くのでお手入れが欠かせません。

振動でチリを落とす手動式の「フィルタークリーニング機能」を備えていますが、フィルターレスタイプの「トルネオV」「トルネオV コンパクト」と比べると少々面倒だと思います。

2013年型トルネオミニはサイクロンシステムを据え置いて「軽量化」「価格」を追求したモデルと言えるでしょう。

とくに本体の軽さは現在市販されている国産サイクロン掃除機の中でトップクラスです。掃除機としての性能は「トルネオV コンパクト」より少々劣ると思いますが、安価なサイクロン掃除機を探している人は検討対象としても良いでしょう。

スポンサーリンク