サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
日立 ごみダッシュサイクロン CV-SY9(A) 商品画像
《2013年型ごみダッシュサイクロンのスタンダードモデル》

「日立 ごみダッシュサイクロン CV-SY9(HITACHI Gomi Dash Cyclone CV-SY9)」は、2013年型「ごみダッシュサイクロン」シリーズのスタンダードモデルです。ゴミを簡単に捨てられる「ごみダッシュ」機構、モーター駆動方式の「パワフルヘッド」を搭載しています。

後継機種はありません(「日立 ごみダッシュサイクロン CV-SA8」に統合されました)

日立 ごみダッシュサイクロン CV-SY9(A) 商品画像

スポンサーリンク

製品情報

「CV-SY9」は、日立製サイクロン掃除機の普及モデル「ごみダッシュサイクロン」シリーズ(CV-SY20・CV-SY9・CV-SY8)の中間グレードです。本体色は「ブルー(A)」。付属品は「お手入れブラシ」「すき間用吸口」「アタッチメント」「ティッシュペーパー(ダストケース装着)1枚」の4点となっています。

2012年に発売された「CV-SW9」の後継機種であり、違いは「消費電力が増加(20W)」「静電気防止素材ダストケースの廃止」です。他の機能・性能に関しては変更がありません。

下位モデル「CV-SY8」との違いは、「吸込仕事率」「重量」「運転音」「ヘッド」「分散上方排気」「サッと収納」「本体・手もとねじれんホース」です。

まず吸込仕事率は下位モデルより10W大きく、運転音の最小値が約1デシベル小さくなっています。しかし本体・ホース・パイプ・ヘッドの合計重量は200グラム重くなっています。

ヘッドは回転ブラシをモーターで動かす「パワフルヘッド」です。他社製品では「モーターヘッド」「パワーヘッド」と呼ばれるタイプで、グリップハンドルのボタンで、ブラシの「切/入」と回転数の「強/弱」を変更できます。なおヘッドの自走機能はありません。

排気については、空気を上方に分散させてホコリの舞い上がりを抑える「分散上方排気」を採用。また手元操作部を外してパイプに引っかけて収納できる「サッと収納」、ホースの接続部分を回転する構造にしてねじれを抑えた「本体・手もとねじれんホース」を装備しています。

サイクロンシステムは「ごみダッシュサイクロン」と呼ばれる遠心分離をしないタイプです。ダストケース内の立体フィルターで旋回気流を発生。フィルターの中心部にゴミが集中しないよう分散させることで、吸引力の低下を抑える仕組みとなっています。

遠心分離でゴミと空気の大半を分離する「フィルターレスサイクロン」と比べると、本機のような「擬似サイクロン」はフィルターの目詰りが起きやすく手入れの回数も多めになります。

このため、電源コードを引くとフィルターを振動させて付着したチリを落とす「フィルターお手入れ機構」、市販のティッシュペーパーをフィルター上にセットして、手入れの頻度と目詰りを抑える機能が採用されています。

製品仕様

発売年月 2013年8月
メーカー 日立
型番 CV-SY9(A) ブルー
サイクロン方式 擬似サイクロン
ヘッド・ノズル パワフルヘッド(モーターヘッド)
本体寸法 幅25.5センチx奥行き33センチx高さ21.9センチ
本体質量 本体のみ:3.9キロ(付属品含む:5.6キロ)
吸込仕事率 630~約100W
消費電力 1,170~約240W
運転音 65~約59dB
集じん容積 0.4リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク