サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
日立 ごみダッシュサイクロン CV-SY20(N) 商品画像
《2013年型ごみダッシュサイクロンのハイグレードモデル》

「日立 ごみダッシュサイクロン CV-SY20(HITACHI Gomi Dash Cyclone CV-SY20)」は、2013年型「ごみダッシュサイクロン」シリーズのハイグレードモデルです。カーボン素材を使用したヘッドとパイプ(カーボンライト)、自走機能付きモーターヘッド(ワイドごみハンターヘッド)、省エネ機能など、最上位機種に相応しい機能を備えています。

後継機種はありません(「日立 ごみダッシュサイクロン CV-SA8」に統合されました)

日立 ごみダッシュサイクロン CV-SY20(N) 商品画像

スポンサーリンク

製品情報

「CV-SY20」は、日立製サイクロン掃除機のセカンドライン「ごみダッシュサイクロン」シリーズ(CV-SY20・CV-SY9CV-SY8)のハイグレードモデルです。

本体色は「シャンパン(N)」のみ。付属品は「クルッとブラシ」「サッとハンドル」「お手入れブラシ」「すき間用吸口」「アタッチメント」「ティッシュペーパー(ダストケース装着)1枚」です。

2012年に発売された「CV-SW20」の後継機種であり、違いは「軽量化(100グラム)」「吸込仕事率が向上(10W)」「消費電力が増加(20W)」「静音化(1デシベル)」となっています。また付属品から「ワイド曲が~るロング吸口」「すき間用吸口ホルダー」が省略され、本体カラー「フレッシュピンク(P)」が廃止されました。

下位モデル「CV-SY9」との違いは、「吸込仕事率」「運転音」「捕集率」「ヘッド」「カーボンライト」「パイプ」「グリップ」「省エネ機能」「付属品」となっています。

まず吸込仕事率についてですが、最大値が下位モデルより20W高くなっています。しかし運転音は1デシベル小さく抑えられています。また捕集率は約99%となっており、未公表の下位モデルよりもクリーンな排気を実現しています。

ヘッドは「ワイドごみハンターヘッド」と呼ばれるモーター駆動タイプです。ヘッドの横幅は約30センチ。前進をサポートする自走機能を搭載しており、回転ブラシは抗菌加工が施された「かるふきブラシ」となっています。

日立独自のカーボン繊維強化プラスチックでヘッドとパイプを軽量化した「カーボンライト」を採用。またパイプは片手で長さを簡単に調節できる「サッとズームパイプ」、グリップは手にフィットして握りやすい「かるワザグリップ」です。

省エネ機能としては、床質をセンサーが判断してパワーやブラシ回転数を「強・中・弱」で自動切替えする「ecoこれっきり運転」、掃除中にヘッドが止まるとパワーダウン。さらに自動停止する「アイドリング&ストップ機能」を備えています。

サイクロンシステムは「ごみダッシュサイクロン」と呼ばれるもので、ゴミと空気を分離する「遠心分離構造」ではありません。したがってダイソンに代表される「フィルターレスサイクロン」と異なり、ゴミはダストケースの立体フィルターで除去される仕組みです。

本機のような「擬似サイクロン」方式は、フィルターが汚れやすく吸引力が低下しやすい欠点があります。

これを予防するために、ダストケース内で空気を回転させてフィルター中心部が目詰りするのを防ぐ構造、コードを引くと振動でチリを落とす「フィルターお手入れ機構」、立体フィルターにティッシュペーパーをセットして汚れを抑える機能が採用されています。

製品仕様

発売年月 2013年8月
メーカー 日立
型番 CV-SY20(N) シャンパン
サイクロン方式 擬似サイクロン
ヘッド・ノズル ワイドごみハンターヘッド(自走式モーターヘッド)
本体寸法 幅25.5センチx奥行き33センチx高さ21.9センチ
本体質量 本体のみ:3.9キロ(付属品含む:5.6キロ)
吸込仕事率 650~約100W
消費電力 1,170~約240W
運転音 64~約59dB
集じん容積 0.4リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク