サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
日立 2段ブーストサイクロン CV-SY500(XV) 商品画像
《捕集率99.999%の小型ハイパワータイプ上位モデル》

「日立 2段ブーストサイクロン CV-SY500(HITACHI 2 Boost Cyclone CV-SY500)」は、「2段ブーストサイクロン」シリーズの小型ハイパワータイプ上位モデルです。高気密モーターケースと高集じんフィルターによる「高気密集じん構造」を採用。捕集率99.999パーセントを実現しています。小型・軽量で引いた時にもゴミを吸い込む「スマートヘッド」を搭載。

後継機種は「日立 パワーブーストサイクロン CV-SA500」です(2014年7月発売)

日立 2段ブーストサイクロン CV-SY500(XV) 商品画像

スポンサーリンク

製品情報

「CV-SY500」は、6機種ある「2段ブーストサイクロン」シリーズの中で「小型ハイパワータイプ」とされる2機種(CV-SY500・CV-SY300)の上位モデルです。ボディカラーは「マグノリア(XV)」と「シルキーレッド(R」の2種類が用意されています。

付属品は「ワイド曲が~るロング吸口」「クルッとブラシ」「サッとハンドル」「お手入れブラシ」「すき間用吸口」「アタッチメント」「ティッシュペーパー1枚(ダストケース装着)」となっています。

下位機種「CV-SY300」との違いは「重量」「高気密集じん構造」「アレルオフ加工」「捕集率」です。

まず重量に関しては、本機のほうが約100グラム重くなっています。これは「高気密集じん構造」の採用による影響だと思われます。

「高気密集じん構造」とは「高気密モーターケース」と「高集じんフィルター」を組み合わせた排気構造のことで気密性が高く排気が漏れにくいため、0.3~10マイクロメートルの微粒子を99.999%キャッチできる性能を実現しています。また本体内蔵の「アレルオフフィルター」にはアレル物質の活動を抑制する「アレルオフ加工」が施されています。

ヘッドは幅約30センチの「スマートヘッド」を採用しています。これは自走機能を持つモーター駆動式であり、他社製品では「モーターヘッド」「パワーノズル」と呼ばれるタイプです。日立のスマートヘッドは軽量かつコンパクトなのが特徴です。またヘッドの後部に回転ハケを追加して、引いた時もゴミを吸い込めるよう工夫された「ダブル吸引機構」を備えています。

ヘッド・パイプ・ホースを軽くしていることも本機の特徴です。ヘッドとパイプには「カーボンライト」を採用。カーボン素材で強度を保ちながら軽量化しています。また「スマートホース」と呼ばれる小径で表面を滑りやすくしたホースで取り回しやすくなっています。

サイクロン機構は「2段ブーストサイクロン」と呼ばれるもので、1段目で遠心分離を行い2段目でゴミを圧縮する構造です。しかし遠心分離されるのはゴミの一部であり、大部分はダストケースのフィルターで除去されます。それゆえ遠心分離でほとんどのゴミを除去する「フィルターレスサイクロン」とは性質が異なる「擬似サイクロン」方式と言えるでしょう。

この方式はフィルターが汚れやすく吸引力が落ちるため、コードを引くと振動でチリを落とす「フィルターお手入れ機構」、市販のティッシュペーパーをフィルターの上にセットして目詰りを抑える機能、高めの吸込仕事率(400W)でカバーしています。

この他に省エネ機能として「ecoこれっきり運転」を搭載しています。これは床質に合わせて吸引力(強・中・弱の3段階)とブラシ回転数を自動コントロールする機能です。これにより消費電力を最大で約75%抑えられます。またヘッドを止めると自動停止する「アイドリング&ストップ機能」も備えています。

日立 2段ブーストサイクロン CV-SY500(R) 商品画像

製品仕様

発売年月 2013年8月
メーカー 日立
型番 CV-SY500(R) シルキーレッド
CV-SY500(XV) マグノリア
サイクロン方式 擬似サイクロン
ヘッド・ノズル スマートヘッド(自走式モーターヘッド)
本体寸法 幅23センチx奥行き35.8センチx高さ27.5センチ
本体質量 本体のみ:3.6キロ(付属品含む:5.1キロ)
吸込仕事率 400~約50W
消費電力 950~約190W
運転音 57~約53dB
集じん容積 0.25リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク