サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
日立 ごみダッシュサイクロン CV-SA8(A) ブルー 商品画像1

日立 ごみダッシュサイクロン CV-SA8(A) ブルー 商品画像1

《マイナーチェンジした2014年型ごみダッシュサイクロン》

「日立 ごみダッシュサイクロン CV-SA8」は、2014年型「ごみダッシュサイクロン」シリーズのサイクロン掃除機です。ダストケース内の立体フィルターで旋回気流を発生させて目詰りを防ぐ構造を採用。ヘッドはエアー駆動方式の「パワフルエアーヘッド」です。

後継機種は「日立 ごみダッシュサイクロン CV-SC8」です(2015年8月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「ごみダッシュサイクロン CV-SA8」は、日立が販売するリーズナブルなサイクロン掃除機「ごみダッシュサイクロン」シリーズの製品です。

2013年型には「CV-SY20」「CV-SY9」「CV-SY8」の3機種がラインナップされていましたが、2014年モデルは商品が整理されこちらで紹介する「CV-SA8」1機種のみとなっています。

2013年モデル「ごみダッシュサイクロン CV-SY8」との違いは「本体カラー」です。カラー自体は従来品と同じ「ブルー」なのですが、青い部分が円形に配置されており従来品の「ごみダッシュサイクロン CV-SY9」に近い印象に変化しました。

カラー以外の仕様については2013年型から変化がなく全く同じ機能・性能となっています。

ヘッドは旧モデルと同じ「パワフルエアーヘッド」です。これは吸い込んだ空気の力でブラシを回転させる「タービンヘッド」タイプです。「回転ブラシ」を備えており、じゅうたん・カーペットのゴミをかき上げることができますが、モーター駆動式の「モーターヘッド」に比べるとパワーが弱く床の種類によってはブラシの回転が止まることもあります。

パワフルエアーヘッドは左右90度に曲がる「クルッとヘッド」、高さ8センチ以上の隙間に入る「ペタリンコ構造」、壁際やコーナーのゴミを吸い取れる「前・左右きわ取り」などの便利機能を備えています。

サイクロン機構も従来品と同じ「ごみダッシュサイクロン」です。冒頭にも書いたようにダストケースの中で気流を回転させてフィルターの中央にゴミが付かないよう工夫したものであり、ゴミと空気の遠心分離は行っていません。

本機のようなサイクロン機構を、当サイトでは「擬似サイクロン」方式と呼び区別しています。同じサイクロン掃除機というジャンルではありますが、「粉体分離器(サイクロン)」を搭載する「フィルターレスサイクロン」方式とは全く異なる仕組みです。

擬似サイクロン掃除機は大半のゴミをフィルターで除去するので、チリが付いて目詰りすると吸引力が低下します。

これを防ぐためにコードを引くとフィルターが振動してチリを落とす「フィルターお手入れ機構」、立体フィルターに市販のティッシュを被せて汚れを抑える機能を採用しています。

排気については「クリーンフィルター」「抗菌フィルター」「一般フィルター」の三層構造となっており、吸引力が落ちた場合はダストケースと合わせて水洗い可能です。

日立 ごみダッシュサイクロン CV-SA8(A) ブルー 商品画像2

製品仕様

発売年月 2014年8月
メーカー 日立
型番 CV-SA8(A) ブルー
サイクロン方式 ごみダッシュサイクロン(擬似サイクロン)
ヘッド・ノズル パワフルエアーヘッド(タービンヘッド)
本体寸法 幅25.5センチ*奥行き33センチ*高さ21.9センチ
本体質量 本体のみ:3.9キロ(付属品含む:5.4キロ)
吸込仕事率 620~約100W
消費電力 1,170~約240W
運転音 65~約60dB
集じん容積 0.4L
コードの長さ 5m
スポンサーリンク