サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
日立 2段ブーストサイクロン CV-SY100(K) 商品画像

日立 2段ブーストサイクロン CV-SY100(K) 商品画像

《本体2.9キロの小型軽量タイプ下位モデル》

「日立 2段ブーストサイクロン CV-SY100(HITACHI 2 Boost Cyclone CV-SY100)」は、「2段ブーストサイクロン」シリーズの小型軽量タイプ下位モデルです。従来機種より約17%軽い本体質量2.9キロを実現。モーター駆動方式の「ごみハンターヘッド」を採用しています。

後継機種は「日立 2段ブーストサイクロン CV-SA100」です(2014年8月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「2段ブーストサイクロン CV-SY100」は、日立のサイクロン掃除機「2段ブーストサイクロン」シリーズ6機種の中で、「小型軽量タイプ」とされる2機種(CV-SY200・CV-SY100)の下位機種です。本体カラーは「ブラック(K)」の1色のみがラインナップされています。

付属品は「サッとハンドル」「お手入れブラシ」「クルッと切替えブラシ吸口」「アタッチメント」「ティッシュペーパー1枚(ダストケース装着)」の5点です。

上位モデル「CV-SY200」との違いは「ヘッド」「グリップ」「省エネ機能」「付属品」「ボディカラー」です。またヘッドとパイプの「カーボンライト」が省略されています。

ヘッドは上位機種に採用された「スマートヘッド」ではなく、従来品と同様の「ごみハンターヘッド」です。モーター駆動方式を採用しており、幅約26センチのコンパクトタイプですが、前進をアシストする自走機能は省略されています。

またヘッドとパイプにカーボン素材を使用した「カーボンライト」が省略され、グリップは「かるワザグリップ」と呼ばれる握りやすいタイプではなく、廉価モデルと共通の形状に変更されています。

省エネ機能は「アイドリング&ストップ機能」が省略され、吸引力を自動コントロールして消費電力を抑える「ecoこれっきり運転」は、「中」「弱」の2段階にとなっています。

付属品は「クルッとブラシ」と「すき間用吸口」を省略。代わりに「クルッと切替えブラシ吸口」がセットされています。

これ以外の機能・性能は、上位モデル「CV-SY200」と共通しています。

サイクロン機構は、ダストケースが2部屋に別れた「2段ブーストサイクロン」です。ヘッドから吸い込まれたゴミは1段目でゴミと空気に遠心分離。さらに2段目でゴミを圧縮する仕組みとなっています。ただしゴミの全てがサイクロンで遠心分離されるわけではなく、大部分のゴミはダストケースのフィルターで取り除かれます。

「2段ブーストサイクロン」は他社製品と比べてフィルターを通過するゴミの量が多いので、汚れやすく吸引力が落ちやすいのが弱点です。これをカバーするために、電源コードを引くとクリーンフィルターを振動させてチリを落とす「フィルターお手入れ機構」、フィルターにティッシュペーパーをセットして汚れの付着を抑える機能が採用されています。

製品仕様

発売年月 2013年8月
メーカー 日立
型番 CV-SY100(K) ブラック
サイクロン方式 擬似サイクロン
ヘッド・ノズル ごみハンターヘッド(モーターヘッド)
本体寸法 幅23センチx奥行き35.8センチx高さ27.5センチ
本体質量 本体のみ:2.9キロ(付属品含む:4.4キロ)
吸込仕事率 330~約40W
消費電力 850~約180W
運転音 59~約55dB
集じん容積 0.25リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク