サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
パナソニック ツインサイクロン MC-SKL13A 商品画像

パナソニック ツインサイクロン MC-SKL13A 商品画像

《ツインサイクロンで吸引力を持続させる掃除機》

「パナソニック ツインサイクロン MC-SKL13A(Panasonic Twin Cyclone MC-SKL13A)」は、パナソニックが販売する紙パック不要のキャニスター型掃除機です。「ツインサイクロン式」と名付けられた吸引力を長持ちさせるシステムが特長。ヘッドから吸い込んだ空気の力でブラシを回転させる「タービンヘッド」を搭載しています。

後継機種は「パナソニック ツインサイクロン MC-SKL14A」です(2013年8月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「ツインサイクロン MC-SKL13A」は、3機種ある「MC-SKシリーズ」の中で最も低価格で販売される下位モデルです。

本機の「吸込仕事率」は最大500Wであり、他の2機種より約90W小さくなっています。理由は不明ですが、おそらくモーター出力が上位モデルより低いのだと思われます。それ以外の仕様は、上位機種の「ツインサイクロン MC-SK13A」と全く同じです。

商品名の「ツインサイクロン」とは、ダストボックス内に設置されたガイドで吸い込んだ空気を2つに分けて、旋回気流を発生させる仕組みです。これにより、ダストボックス中央の空気の通り道を確保。フィルターの目詰りを予防してパワーを長持ちさせる効果があるそうです。

しかし「ツインサイクロン MC-SKL13A」の掃除システムは、ダイソンに代表される「フィルターレスサイクロン」とは全く別物の「擬似サイクロン」なので、誤解されないよう気をつけてください。

本格的なサイクロン式掃除機は、円錐形のサイクロン発生装置で気流を発生させて、ゴミと空気を遠心分離しますが、「ツインサイクロン」はフィルターのみでゴミを取り除いており、ダストボックス内の旋回気流は、単にフィルターの目詰りを抑える効果しかありません。

それゆえ「ツインサイクロン MC-SKL13A」は、フィルターに付着したゴミやほこりを、こまめに取り除く必要があります。紙パックがいらないメリットもありますが、面倒なお手入れ作業が必要であることを考慮しておきましょう。

「ツインサイクロン MC-SKL13A」本体の他に、すき間用ノズルが付属します。

製品仕様

発売年月 2012年8月
メーカー パナソニック
型番 MC-SKL13A-H(ダークグレー)
サイクロン方式 擬似サイクロン
ヘッド・ノズル タービンヘッド
本体寸法 幅25.6センチx奥行き29.7センチx高さ23.4センチ
本体質量 本体のみ: 3.7キロ(付属品含む: 5キロ)
吸込仕事率 500~約60W
消費電力 1000~約150W
運転音 65~約53dB
集じん容積 0.7リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク