サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
パナソニック プチサイクロン MC-SC32RG-R メタリックレッド 商品画像

パナソニック プチサイクロン MC-SC32RG-R メタリックレッド 商品画像

《2014年型プチサイクロンの販路限定モデル》

「パナソニック プチサイクロン MC-SC32RG」は、サイクロン掃除機「プチサイクロン」シリーズの販路限定モデルです。「メタリックレッド」の本体カラーが特長。「MC-SR32G」をベースに開発されており機能・性能は同一の商品です。「パワフル自走ノズル」を搭載。

「パナソニック プチサイクロン MC-SC32RG」の実売価格は50,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報

「プチサイクロン MC-SC32RG」は、パナソニックが販売する小型軽量タイプのサイクロン掃除機「プチサイクロン」シリーズの販路限定モデルです。

パナソニックは毎年の新製品に販路限定モデルを用意しており、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、エディオン、ジョーシンなどの有名家電量販店のみで販売されています。

ベースモデルは同時発売された「パナソニック プチサイクロン MC-SR32G」です。違いは「メタリックレッド」の本体カラーのみであり、機能・性能は「MC-SR32G」と全く同じ製品となります。

2013年モデル「パナソニック プチサイクロン MC-SC31RG」との違いは「重量」「ブラシ」「筒型フィルター」「LEDナビライト」です。

重量については、従来品の「本体質量2.8キロ、標準質量4.6キロ」から「本体質量2.7キロ、標準質量4.5キロ」に改良され100グラムの軽量化を実現しています。軽くなった理由は後述する「LEDナビライト」の仕様変更だと思われます。

ブラシは新型の「毛先が球ブラシ」を採用しています。これは名前の通り、先端がボール状になっていてゴミが引っ掛かりやすいよう工夫したものです。さらに2点で接触する「Y字ブラシ」とノズル内にマイナスイオンを発生させて静電気を抑える「フローリングの菌までふき掃除」を組み合わせることで、じゅうたん・フローリングの両方に対応しています。

筒型フィルターは「メッシュフィルター」からステンレス製の「ステンレスガード」に変更されました。これは従来品の「メタルメッシュシリンダー」と同様に斜めに小さい穴が開けられており、細かいゴミを通しにくく汚れにくいのが特長です。

掃除場所を明るく照らすLEDナビライトについて、従来品は「親ノズル(ヘッド前部)」「子ノズル(延長管の先端)」の2ヶ所に搭載していましたが、2014年モデルは子ノズルの1ヶ所のみに減少しています。

その他の機能・性能については2013年モデルと2014年モデルの違いはありません。

ヘッドはモーター駆動方式の「パワフル自走ノズル」です。電動式の「回転ブラシ」と軽く押すだけでヘッドが進む「自走機能」を備えています。またヘッド上を漂うホコリを吸引する「エアダストキャッチャー」も搭載しています。

集じん方式は「パワープレスサイクロン式」です。これはサイクロンとフィルターを併用する「ハイブリッドサイクロン」方式であり、旋回気流による「遠心分離」とゴミを圧縮する「空圧分離」を行います。

ハイブリッドサイクロンは、筒型フィルターに汚れが付着すると吸引力が低下する欠点がありますが、これを予防するために振動でチリを落とす「フィルター手動クリーニング機能」を備えています。

補じん性能は「逃がさんフィルター」「抗菌酵素加工フィルター」「アレル物質抑制加工フィルター」の組み合わせにより、粒子径0.5μm以上の微細じんを約99.9%捕じんできるとされています。

省エネ機能はパナソニック独自の「エコナビ(ECONAVI)」を採用。約20μm以上のハウスダストを検知する「ハウスダスト発見センサー」と連動しながらゴミの量に合わせてパワーをコントロールします。さらにヘッドを持ち上げると自動停止、床につけると再始動する「アイドリングオフ機能」も備えており、スイッチを押すだけで電気のムダを省きます。

製品仕様

発売年月 2014年8月
メーカー パナソニック
型番 MC-SC32RG-R(メタリックレッド)
サイクロン方式 パワープレスサイクロン(ハイブリッドサイクロン)
ヘッド・ノズル パワフル自走ノズル(自走式モーターヘッド)
本体寸法 幅23.8センチ*奥行き29.3センチ*高さ29.6センチ
本体質量 本体のみ:2.7キロ(付属品含む:4.5キロ)
吸込仕事率 300~約110W
消費電力 850~約380W
運転音 57~約54dB
集じん容積 0.25L
コードの長さ 5m
スポンサーリンク