サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
パナソニック パワープレスサイクロン MC-SS320GX-P 商品画像
《ダブル反転気流とULPAフィルターを搭載する人気モデル》

「パナソニック パワープレスサイクロン MC-SS320GX(Panasonic Power Press Cyclone MC-SS320GX)」は、パナソニック株式会社が販売する家庭用サイクロン式掃除機「MC-SSシリーズ」のスタンダードモデルです。遠心分離性能を高めた「ダブル反転気流」と「ULPAフィルター」を採用。自走式モーターヘッドを搭載しています。

後継機種はありません(「パナソニック パワープレスサイクロン MC-SS330G」に統合されました)

パナソニック パワープレスサイクロン MC-SS320GX-P 商品画像

スポンサーリンク

製品情報

「パワープレスサイクロン MC-SS320GX」は、「ダブル反転気流」と「ULPAフィルター」を搭載するサイクロン掃除機です。

カタログやプレスリリース等では、上位機種の「MC-SS520GX」より「MC-SS320GX」のほうが前面に出されており、パナソニックも「MC-SSシリーズ」の主力商品として扱っているようです。本体カラーは「メタリックピンク(MC-SS320GX-P)」と「シャイニーシルバー(MC-SS320GX-S)」の2色が用意されています。

サイクロンシステムは「遠心分離で大まかなゴミを分離→残った微細なチリをダストカップ上部のフィルターで除去」という仕組みの「ハイブリッドサイクロン」方式を採用しています。

この方式は使い続けるとフィルターが目詰りするので、定期的なフィルター清掃が必要になりますが、お手入れの回数を減らすための工夫として、「リニア振動フィルター自動クリーニング」を搭載。コンセントをつなぐ度に1秒間に約220回の振動でフィルターの汚れを叩き落とす構造となっています。

ダストボックス内には「メタルメッシュシリンダー」と呼ばれる穴が斜めに開けられた円筒形の部品があり、回転で吹き飛ばされたゴミがシリンダーにぶつかって落下し、空気だけが穴から外に抜ける仕組みになっています。さらにメタルメッシュシリンダーの外側と内側に「ダブル反転気流」を発生させて、内部に微細なチリが侵入するのを抑制しています。

さらに目に見えない微細なホコリを除去するために、「ULPAフィルター」という空気清浄機にも採用される超高性能のフィルターを装備。0.3μm以上の微細なチリを約99.999%キャッチします。これにより現在市販されているサイクロン掃除機の中でもトップクラスのクリーンな排気を実現しています。

またサイクロンクリーナーは、ゴミ捨て時にホコリが舞い上がってしまうのが欠点とされていますが、「MC-SS320GX」ではダストボックスをくびれた形状にすることにより、上下で気圧差を発生させてゴミを約5分の1に圧縮。舞い上がりを抑えるよう配慮されています。

この他に、モーター内蔵によりヘッドを動かしやすくする「パワフル自走ノズル」、床面を照らしてゴミを見えやすくする「LEDナビライト」、約20μmのハウスダストを検知する「ハウスダスト発見センサー」、「アイドリングオフ」機能で消費電力を抑える「ECONAVI(エコナビ)」、イオンを放出して空気をクリーンにする「nanoe(ナノイー)」など、パナソニック独自の技術を多数搭載しています。

付属品は、ワンタッチ手元ブラシ、すき間用ノズル、ホース掛けとなっています。

パナソニック パワープレスサイクロン MC-SS320GX-S 商品画像

製品仕様

発売年月 2012年9月
メーカー パナソニック
型番 MC-SS320GX-P(メタリックピンク)
MC-SS320GX-S(シャイニーシルバー)
サイクロン方式 ハイブリッドサイクロン
ヘッド・ノズル 自走式モーターヘッド
本体寸法 幅26.8センチx奥行き40センチx高さ31.3センチ
本体質量 本体のみ: 5.1キロ(付属品含む: 7.1キロ)
吸込仕事率 430~約90W
消費電力 1,000~約300W
運転音 54~約48dB
集じん容積 0.6リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク