サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
日立 パワーブーストサイクロン CV-SC500(A) ディープブルー 商品画像1

日立 パワーブーストサイクロン CV-SC500(A) ディープブルー 商品画像1

《2015年型「パワーブーストサイクロン」の中位モデル》

「日立 パワーブーストサイクロン CV-SC500」は、2015年型「パワーブーストサイクロン」シリーズの中位機種です。「吸込仕事率」と「運転音」以外は上位機種と同じ機能・性能を備えており、ヘッドも同じ「ジェット吸引スマートヘッド」を採用しています。

後継機種は「日立 パワーブーストサイクロン CV-SD700」と「日立 パワーブーストサイクロン CV-SD300」です(2016年7月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「日立 パワーブーストサイクロン CV-SC500」は、日立が販売するプレミアムクラスのサイクロンクリーナー「パワーブーストサイクロン」のスタンダードモデルです。

付属品は「ワイド曲が~るロング吸口(曲がるロング吸口+ワイドブラシ)」「クルッとブラシ」「サッとハンドル」「お手入れブラシ」「すき間用吸口」「別売り部品接続用アタッチメント」の6点です。

2014年型との違い

2014年型となる「CV-SA500」との違いは「本体カラー」「重量」「運転音」「吸込仕事率」「消費電力」「ヘッド」「水洗い対応」です。

本体カラーは本機が「ディープブルー」「ディープシャンパン」、旧モデルは「シャンパン」「ルビーレッド」です。

重量については、本体・ホース・パイプ・ヘッドの合計となる「標準質量」が、本機は「5.2キロ」、旧モデルは「5.1キロ」なので約100グラム重くなったことになります。運転音も、本機は「56~約51dB」ですが、旧モデルは「55~約50dB」であり約1デシベル悪化しています。

吸込仕事率は本機が「420W~約60W」、旧モデルは「410W~約50W」となっており約10W性能アップしています。一方で消費電力は本機の「960W~約190W」に対して、旧モデルは「950W~約190W」であり、電力消費量が約10W増加してしまいました。

ヘッドは本機が「ジェット吸引スマートヘッド」、旧モデルは「4方向吸引スマートヘッド」となります。ジェット吸引スマートヘッドは従来品に「ジェット吸引機構」を追加して進化させたものであり、高気密性を保ちながら床への吸い付きを抑えています。

ダストケースの水洗い対応に関しては、従来品よりパーツ点数を減らすことで、お手入れが簡単になっています。

日立 パワーブーストサイクロン CV-SC500(A) ディープブルー 商品画像2

上位機種との違い

上位機種となる「CV-SC700」との違いは「本体カラー」「吸込仕事率」「運転音」となります。

本体カラーに関しては、本機が「ディープブルー」「ディープシャンパン」、上位機種は「ディープレッド」「ディープシャンパン」です。

本機の吸込仕事率は「420W~約60W」ですが、上位機種は「430W~約60W」となっており、本機のほうが最大値が約10W低い数値となっています。

運転音は本機の「56~約51dB」に対して上位機種は「55~約50dB」とされており、本機のほうが約1デシベル音が大きいことになります。

他の機能・性能については基本的に上位機種と同じです。

下位機種との違い

下位機種となる「CV-SC300」との違いは「本体カラー」「重量」「吸込仕事率」「捕集率」「排気フィルター」「付属品」です。

本体カラーは本機が「ディープブルー」「ディープシャンパン」、下位機種は「レッド」「シャンパン」です。

重量については、本機が「本体質量3.6キロ・標準質量5.2キロ」、下位機種は「本体質量3.5キロ・標準質量5.1キロ」であり、本機のほうが約100グラム重いことになります。

吸込仕事率は、本機が「420W~約60W」、下位機種は「410W~約60W」となっており、本機のほうが約10W大きくなっています。

ハウスダストの捕集率は、本機が「99.999%」、下位機種は「99.9%」です。これは排気フィルターの違いによるもので、本機は「クリーンフィルター」「アレルオフフィルター(抗菌加工)」「高集じんフィルター」「一般フィルター」の4種類を内蔵しています。しかし下位機種は「クリーンフィルター」「抗菌フィルター」「一般フィルター」の3種類に留まっています。

本機の付属品に関しては、高い場所の掃除に便利な「ワイド曲が~るロング吸口」が同梱されています。しかし下位機種では省略されています。

日立 パワーブーストサイクロン CV-SC500(N) ディープシャンパン 商品画像1

感想・評価

長所

「CV-SC500」の長所は上位機種と「機能・性能」がほとんど変わらないことです。「吸込仕事率」「運転音」が多少劣るだけで、それ以外は全く同じです。

ヘッドは最新型の「ジェット吸引スマートヘッド」を装備しており、「捕集率」「排気フィルター」「付属品」も上位機種と同一です。

しかし実売価格は約8,000円ほど安くなっているので、パワーブーストサイクロンの中ではお買い得感がある製品と言えるでしょう。

短所

「CV-SC500」の短所は1世代前の「集じん方式」を採用していることです。

これはパワーブーストサイクロンシリーズに共通する弱点なのですが、集じん方式が遠心分離とフィルターを併用する「ハイブリッドサイクロン」なので、他社の「フィルターレスサイクロン」と比べて、フィルターの汚れを落とす頻度が高くなっています。

一応、手動式の「フィルターお手入れ機構」も装備しているのですが、時々「チリ落としレバー」を動かしてフィルターのチリを落とすのは面倒に感じられるかもしれません。

日立 パワーブーストサイクロン CV-SC500(N) ディープシャンパン 商品画像2

製品仕様

発売年月2015年7月
メーカー日立
型番CV-SC500(A) ディープブルー
CV-SC500(N) ディープシャンパン
JANコード4902530098860(ディープブルー)
4902530098877(ディープシャンパン)
サイクロン方式パワーブーストサイクロン(ハイブリッドサイクロン)
ヘッド・ノズルジェット吸引スマートヘッド(自走式モーターヘッド)
本体寸法幅24センチ*奥行き33.6センチ*高さ29センチ
本体質量本体のみ:3.6キロ(付属品含む:5.2キロ)
吸込仕事率420W~約60W
消費電力960W~約190W
運転音56~約51dB
集じん容積0.4リットル
コードの長さ5メートル

スポンサーリンク