サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
パナソニック ツインサイクロン MC-SK14G-K 商品画像
《2013年型ツインサイクロンのハイグレードモデル》

「パナソニック ツインサイクロン MC-SK14G(Panasonic Twin Cyclone MC-SK14G)」は、リーズナブルなサイクロン掃除機「MC-SK」シリーズの2013年型ハイグレードモデルです。従来品よりパワーが強化され吸込仕事率は620Wになりました。「アイドリングオフ機能」を搭載しており、ヘッドは自走機能を持つ「パワフル自走ノズル」です。

後継機種は「パナソニック ツインサイクロン MC-SK15J」です(2014年9月1日発売)

パナソニック ツインサイクロン MC-SK14G-K 商品画像

スポンサーリンク

製品情報

「ツインサイクロン MC-SK14G」は、パナソニック製サイクロン掃除機のセカンドライン「MC-SKシリーズ(MC-SK14G・MC-SK14AMC-SKL14A)」の最上位機種です。本体カラーは「ブラック」。付属品は「すき間ノズル」「お手入れブラシ」の2点です。

本機は2012年に発売された「パナソニック ツインサイクロン MC-SK13G」の後継機種となります。「MC-SK13G」との違いは「サイズ」「重量」「吸込仕事率」「運転音」「消費電力」「アイドリングオフ機能」「ボディカラー」です。

まずサイズは従来品が幅25.6センチだったのに対して、本機は幅25.7センチと1ミリ大きくなっています。また本体質量(本体のみの重さ)も100グラム増えています。これはモーターパワーを強化したことによる影響だと思われます。

特筆すべき点は吸込仕事率の向上です。従来品は最大590Wでしたが、本機の吸込仕事率は最大620Wに強化されています。それと引き換えに消費電力は140W増加しています。しかし運転音は最小値が約2デシベル大きくなっただけに抑えられています。

また省エネ機能としてヘッドが浮くと運転を自動停止する「アイドリングオフ機能」を搭載。使わない時を見分けて消費電力を抑制する効果があります。

ヘッドはモーター駆動方式の「パワフル自走ノズル」です。

名前の通り自走機能を備えており、軽く押すだけでヘッドが前進します。またマイナスイオンで汚れを引き剥がす「フローリングの菌までふき掃除」、床上を漂うハウスダストも吸い込む「エアダストキャッチャー」、ペダルを踏むとヘッドが外れて「子ノズル」として使える「親子のノズル」など、従来品でも好評だった機能が継承されています。

サイクロンシステムは「ツインサイクロン式」と呼ばれる遠心分離をしないタイプです。

どのような仕組みかというと、ダストボックスの中で吸い込んだ空気を曲げて、左右2つの旋回気流を発生させます。ゴミはダストボックスの端から溜まるので、フィルター中央の吸気通路が確保され、目詰りを抑えて吸引力が長持ちする構造です。

ダイソンに代表される「フィルターレスサイクロン」のように、ゴミと空気を極限まで遠心分離する構造ではないので、同じサイクロンといっても本機は「擬似サイクロン」に分類される製品です。このタイプは吸引力が落ちやすいのが弱点ですが、ゴミの溜まり具合に合わせてパワーを強化する「パワー持続センサー」で対応しています。しかしフィルターのチリを落とす手入れは定期的にする必要があります。

また内部には「アレル物質抑制フィルター」と「抗菌酵素フィルター」を搭載。アレル物質(花粉、ダニの死がい・フンなど)やカビ菌の繁殖を抑えます。

製品仕様

発売年月 2013年8月
メーカー パナソニック
型番 MC-SK14G-K(ブラック)
サイクロン方式 擬似サイクロン
ヘッド・ノズル パワフル自走ノズル(自走式モーターヘッド)
本体寸法 幅25.7センチx奥行き29.7センチx高さ23.4センチ
本体質量 本体のみ: 3.8キロ(付属品含む: 5.5キロ)
吸込仕事率 620~約70W
消費電力 1140~約200W
運転音 65~約55dB
集じん容積 0.7リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク