サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
ダイソン DC46 モーターヘッド 商品画像1

ダイソン DC46 モーターヘッド 商品画像1

《32個のサイクロンを搭載するモーターヘッドモデル》

「ダイソン DC46 モーターヘッド(Dyson DC46 Motorhead)」は、ダイソン(Dyson)社が開発・販売するキャニスター型のサイクロン掃除機です。円錐形のサイクロンを2層に配置し従来の12個から32個に増加。36万Gの強力な遠心力を実現しているのが特長です。「DC46 MH COM」は、モーター駆動式の回転ブラシを内蔵するヘッドを搭載しています。

後継機種は「ダイソン DC48 モーターヘッド」です(2013年3月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「DC46 モーターヘッド(dyson ball DC46MHCOM)」は、現在ダイソン社が販売するキャニスター型掃除機の中で、最も高性能かつ高価格なフラッグシップモデルです。

外観の特徴は、サイクロン部分が「アイアン/サテンフューシャ」のカラーリングになっていることです。「ダイソン DC46 タービンヘッド」との違いは、ヘッド部分に内蔵された小型モーターでブラシを回転させる「モーターヘッド」を搭載している点です。そのため、絨毯(じゅうたん)やカーペットのような毛足の長い床で効果を発揮します。

旧モデル「ダイソン DC36」よりサイクロンの数が増えて遠心力が強力になったので、さらに細かいゴミを分離できるようになりました。これによりフィルターを通る空気が綺麗になり、目詰りが減って吸引力が長持ちします。

さらに今回は「タングルフリータービンツール」というアタッチメントが付属します。これはブラシを逆回転させて髪の毛や糸くずが絡みつかないようにするツールです。ソファやベッドのような布製品に効果を発揮するそうです。

サイクロン部分と新アタッチメント以外は、基本的に前モデルを踏襲しています。

ボール型のボディにモーター・排気口・フィルター・電源コードを内蔵した「Ballテクノロジー」と呼ばれる独特な形状は、車輪としての機能も兼ねていることから、どの方向にも自由に動かすことが可能で重心が低く小回りが利くのが利点です。

またヘッド部分には「カーボンファイバーブラシ」が採用されています。これは静電気を逃してくれるナイロン素材のブラシで、帯電して吸い取りにくいホコリを綺麗に取り除く効果があります。

付属品は「フトンツール」「ソフトブラシツール」「フレキシブル隙間ノズル」「タングルフリータービンツール」「製品保証登録カード」「取扱説明書」の6点です。

ちなみに本機の派生機種として、テレビショッピング大手の「ジャパネットたかた」だけで購入できる「ダイソン DC46MHSR モーターヘッド ジャパネットたかたモデル」が存在します。

機能・性能は「ダイソン DC46 モーターヘッド」と同じですが、本体カラーが「アイアン/サテンレッド」に変更されており、一部の付属品を省略して価格を抑えた商品となっています。

評判・レビュー

長所

ダイソン製品の魅力は「吸引力が長続きする」「紙パックを使わない」という明確なコンセプトです。高性能サイクロンでゴミと空気をきれいに分離するのでフィルターが汚れにくく目詰りもありません。結果として長期間使い続けても吸引力が落ちにくい仕組みとなっています。

またフィルター交換不要という点もポイントです。紙パック式掃除機にように定期的に交換する必要がないので余計な維持費がかかりません。もちろんフィルターの掃除は必要ですが、プレモーターフィルターの掃除は3年に1度が目安とされています。

日本メーカー製品には見られない個性的なデザインもダイソンの魅力です。パープルをメインカラーにしたポップな色合いは好みが分かれそうですが、外国ブランドであることを実感させてくれます。二層に重ねられたサイクロンは質実剛健で、いかにもゴミをよく吸い取ってくれそうな印象を受けるでしょう。

短所

ダイソンのサイクロン掃除機は「吸引力の変わらない掃除機」というキャッチコピーで宣伝されています。しかし正確には「吸引力が落ちにくい」という意味であり、吸引力が全く変化しない訳ではありません。数年に一度ですが性能を維持するためにフィルターを掃除する必要があります。

またダイソンは特別に「吸引力が強い」という訳ではありません。その証拠にダイソンの吸込仕事率はそれほど高くはありません(DC46は180W)。国内メーカーのサイクロン掃除機は平均300~600Wなので数値だけで見ると物足りない印象です。

しかし実際に掃除してみるとダイソンの吸引力は充分に感じられます。これは設計思想の違いであり、単純に空気を吸い込む量を示す「吸込仕事率」だけでは、掃除機の性能を比較できないという証拠でもあります。

国内メーカー製サイクロン掃除機のように「かゆい所に手が届く」ような細かい配慮はありません。

たとえば掃除中の音はかなり大きめです。もちろん古いダイソン製品よりも甲高いモーター音は軽減されていますが、静音をアピールする国内メーカー製品と比べるとうるさいと感じられるかもしれません。ダストビンに溜まったゴミの処理やフィルターの掃除方法も、国産メーカー品のように配慮が行き届いている訳ではありません。

ダイソンは製品コンセプトを実現するために、優先順位の低い部分はあっさりと切り捨てています。この部分を割り切れるかどうかが、評価の分かれ目となるでしょう。

「ダイソン DC46」には「モーターヘッド(MHCOM)」「タービンヘッド(THCOM)」の2種類のモデルがあります。

こちらのモーターヘッドモデルはヘッド部分にモーターが内蔵されているため、タービンヘッドモデルと比べて若干重く感じられます。フローリングや畳の部屋で使用する上では、タービンヘッドモデルでも充分な掃除性能を発揮します。掃除機を使う環境でモーターヘッド機能が必要なのか、よく検討した上で選ぶことをおすすめします。

ダイソン DC46 モーターヘッド 商品画像2

製品仕様

発売年月 2012年9月
メーカー ダイソン
型番 DC46 MH COM(アイアン/サテンフューシャ)
サイクロン方式 フィルターレスサイクロン
ヘッド・ノズル モーターヘッド
本体寸法 幅22.1センチ*奥行き44.8センチ*高さ29.2センチ
本体質量 本体のみ: 4.13キロ(付属品含む: 6.55キロ)
吸込仕事率 180W
消費電力 1,100W
運転音 未公表
集じん容積 0.58リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク