サイクロン掃除機比較NAVI ロゴ画像
サイト内検索:
ダイソン DC36 カーボンファイバー モーターヘッド 商品画像1
《ボール型のボディを採用したモーターヘッド搭載モデル》

「ダイソン DC36 カーボンファイバー モーターヘッド(Dyson DC36 carbon fibre motorhead)」は、ダイソン社(Dyson)が販売するキャニスター型のサイクロン掃除機です(2011年9月発売) Ballテクノロジーと呼ばれる球形のボディを採用。狭い場所でも動かしやすくなっています。「DC36 MH COM」は、モーターヘッドタイプのヘッド(ノズル)を搭載するモデル。「DC48シリーズ」の発表に伴い販売を終了しています。

後継機種は「ダイソン DC46 モーターヘッド」です(2012年9月発売)

ダイソン DC36 カーボンファイバー モーターヘッド 商品画像1

スポンサーリンク

製品情報

「ダイソン DC36 モーターヘッド コンプリート」の本体カラーは「アイアン/サテンパープル」です。

「ダイソン DC36」は「モーターヘッド(MHCOM)」と「タービンヘッド(THCOM)」の2種類のモデルが用意されています。「ダイソン DC36 カーボンファイバー モーターヘッド(dyson ball DC36MHCOM)」はモーター内蔵のヘッド(ノズル)を装備し、電動式の回転ブラシでカーペットや絨毯(じゅうたん)等に入り込んだゴミを取り除けます。

「ダイソン ボール DC36」は、ボールテクノロジーと呼ばれる独自の技術を採用しています。これはボール型の本体に、モーター、電源コード、フィルターを内蔵する仕組みで、重心が低くなり倒れにくく方向転換しやすくなっています。

また、Radial Root Cyclone(ラジアルルートサイクロン)テクノロジーと呼ばれる、12個のサイクロンを放射状に並べた独特な構造により、強力な遠心力を発生させて吸引したゴミと空気を綺麗に分離します。排気がクリーンになったことでフィルター交換不要になり、お手入れ(水洗い)も4年に一度が目安とされています。

ヘッド(ノズル)の回転ブラシには、静電気を抑える特性を持つカーボンファイバー素材が採用されています。普通の回転ブラシで床をこすると静電気が発生してゴミが床に付着してしまいますが、カーボンファイバーブラシは静電気が発生しにくいのでより多くのゴミを取り除けます。フィルターのお手入れは4年に一度が目安となっています。

本体の他に、フトンツール、ソフトブラシツール、フレキシブル隙間ノズル、ミニT字型ノズル、コンビネーションノズル(ブラシ・隙間)、製品保証登録カード、取扱説明書が付属します。

評判・レビュー

長所

従来のダイソン製品は、国産品と比べて音が大きくうるさいという評判がありました。しかし「DC36」はモーターと通気口を再設計し、気流を調整して回転翼による音を抑えています。またボール内に音と振動を吸収する緩衝材が配置され運転音を低減しています。

短所

ダイソン製品は全般に吸引力が強く、しかも「DC36 MHCOM」はモーターヘッドタイプのため、動かすのに多少の力が必要です。腕力のない女性やお年寄りが使うのは苦労するかもしれません。購入の前に家電量販店で実際に試してみることをおすすめします。

ダイソン DC36 カーボンファイバー モーターヘッド 商品画像2

製品仕様

発売年月 2011年9月
メーカー ダイソン
型番 DC36 MH COM(アイアン/サテンパープル)
サイクロン方式 フィルターレスサイクロン
ヘッド・ノズル モーターヘッド
本体寸法 幅22.3センチx奥行き43.8センチx高さ29センチ
本体質量 本体のみ: 4キロ(付属品含む: 6.59キロ)
吸込仕事率 170W
消費電力 1,100W
運転音 未公表
集じん容積 0.68リットル
コードの長さ 5メートル
スポンサーリンク